[お歳暮]と[お中元]は違う!気になる時期やマナーを徹底解説

[お歳暮]と[お中元]は違う!気になる時期やマナーを徹底解説

日本では、すっかり定着しているお歳暮とお中元。贈る時期が異なる以外に、お歳暮とお中元のそもそもの意味の違いは?どのような贈り物が適しているの?など、疑問を持っている方も多いと思います。そんな方は必見!読み終わるころには、お歳暮とお中元の違いをしっかり理解できるはずです。また、お歳暮やお中元をやめたいと思ったときのことなど、なかなか人には聞けない話も解説します。気になる方は参考にしてくださいね。


お歳暮とお中元の違いとは?

お歳暮とお中元はどちらも、日頃の感謝と健康を願う気持ちを伝える贈り物です。お中元は上半期、お歳暮は一年の感謝を伝えるものですが、込める意味に大きな違いはないようです。

では何か違うか。それは時期です。お盆の時期に贈るお中元と、年末に贈るお歳暮。地域によって贈る時期も異なりますので、必ず手配する前に確認が必要。また、セットで贈るのが基本ですが、どちらかの場合お歳暮のみ贈ることがマナーとされています。

まずは「お歳暮とお中元の共通マナー」をおさらい

冒頭の通り、お歳暮とお中元の贈り物に込める意味に大きな違いはなく、時期が違うことが一番大きな点です。時期が違ったり、呼び方が変われば、それに伴うのしや、ふさわしい品物も変わってきます。それぞれの具体的なマナーを紹介する前に、お歳暮とお中元どちらも共通して知っておきたいポイントを紹介します。

お歳暮とお中元の共通マナー
誰に贈る?相手を選ぶ時のポイントとは

お歳暮とお中元は贈る相手も慎重に選びたいものです。それは、お歳暮もお中元も一度きりで終わりではなく、続けて贈るということが大切だからです。続けて贈ることを考えると費用面も考慮したいところ。例えば親戚への贈り物の相場に比べ、特にお世話になった方に贈るとなるとぐんと費用があがります。お付き合いの程度や継続した関係なのかをしっかりと考えたいですね。

お歳暮とお中元の共通マナー
お歳暮とお中元は両方贈らなければいけないの?

特に事情がなければ、お歳暮とお中元は両方贈った方が良いです。しかし最近ではお歳暮やお中元という習慣が若い方にはあまり関心がない傾向があり、どちらかで良いのではないかという考えもあります。

お歳暮が1年の感謝の気持ちを込めるのに対して、お中元は年明けから夏までの感謝を伝えるもの。そのような意味合いから、片方だけ贈る場合はお歳暮のみを贈るのが一般的なマナーとなります。

知っておきたい「お歳暮」の由来と基本マナー

年末に贈るお歳暮ですが、なぜ「お歳暮」という名称で呼ばれているか気になったことはありませんか?ここではお歳暮の由来から、お歳暮ではどんな品物がふさわしいかを紹介していきます。お歳暮は地域によっても贈る時期が異なるもの。年末の慌ただしい時期にも重なりますので、贈る方も贈られる方も気持ちよくやり取りできる基本マナー、理解していきましょう。

お歳暮の由来
お歳暮の由来とその意味とは?

お歳暮の字をよく見てみると「歳の暮れ」、つまり「年の暮れ」と見えてきますね。お歳暮という言葉自体がそもそも年の暮れを意味していて、昔はこの時期にお世話になった人に贈り物をするという習慣がありました。その贈り物が「御歳暮」と呼ばれ、今も続く日本の伝統になっています。

江戸時代には、買い物で後払いをするようなシステムがあり、年末がちょうど支払いの時期になっていました。また、長屋の大家さんに贈り物をする習慣もあり、それらが現代のお歳暮に発展したという説もあります。

お歳暮の基本マナー
いつ贈る?地域で異なる「お歳暮」を贈る期間

お歳暮は、12月13日から12月20日までに届くように送るのが一般的です。地域によって多少の差があり、関東なら12月上旬から12月31日まで、関西なら12月13日から12月31日まで届けば問題ありません。

とはいえ、年末の遅すぎる時期も迷惑になる可能性があるので、12月20日くらいまでに届くように手配するのがおすすめ。早すぎず遅すぎず、贈る時期にも思いやりを持って贈りたいですね。

お歳暮の基本マナー
贈る時期によって変わるお歳暮の「のし紙の表書き」

お歳暮を贈るときののし紙の表書きは「御歳暮」「お歳暮」とします。もし、お歳暮として贈るべき時期を外してしまった場合は「御年賀」や「寒中御見舞」などを用いて贈ります。一般的にお年賀として贈れるのは松の内まで、寒中見舞いは、松の内以降から立春までとなります。松の内は地域によって異なり、立春は年によって異なりますので、贈る前に確認を忘れずに。

お歳暮の基本マナー
お歳暮を贈る相手と金額の目安は?

お歳暮を贈る相手としては、親や親戚、上司や仲人、友人が挙げられます。金額の相場としては、3,000円から5,000円です。特にお世話になった方や職場関係、例えば仲人や上司には、相場の価格は少し高めに設定する場合も。あまり高価なものは、気を遣わせてしまうので避けたいところです。

お歳暮の基本マナー
お歳暮にふさわしい品物とは?

お歳暮に贈る品物の定番は、ビールやハム、スイーツ、コーヒーなどが毎年人気の商品となっています。また冬の時期に贈るお歳暮には、鍋に最適なお肉や魚介など、冬ならではの品物もおすすめ。人が集まる時期ですので、食卓を少し豪華に彩る品も喜ばれるでしょう。相手の嗜好や家族構成にふさわしい品物であるかを考え、お歳暮の品を贈りたいですね。

関連するキーワード


男女 お中元 マナー

関連する投稿


クリスマスプレゼントはやっぱりネックレス!2019年おすすめアイテム&番外編ペア全16選

クリスマスプレゼントはやっぱりネックレス!2019年おすすめアイテム&番外編ペア全16選

今年のクリスマスプレゼントは何にしようとお悩みの方、ネックレスはいかがですか。前にプレゼントしたことがあるよ、という方、「今年も」ネックレスでいいのです!流行りもありますし、以前プレゼントした時より年齢を重ねて好みが変わっているかも知れません。男性から女性へのプレゼントだけでなく、母から娘へ、娘から母へのプレゼントとしてもおすすめなネックレス。年齢を問わずプレゼントできる素敵なネックレスをセレクトしました。今年のクリスマスギフトにネックレスをおすすめする理由、選び方なども参考にしてください。とっておきのネックレスを贈って、最高のクリスマスになりますように。


【12月生まれ専用の誕生日プレゼント】ギフトアイデア&男女別の人気ランキングトップ5

【12月生まれ専用の誕生日プレゼント】ギフトアイデア&男女別の人気ランキングトップ5

12月に誕生日を迎える人にプレゼントを贈るなら、どんなものが良いでしょうか。きっと冬にぴったりの身体を温めるグッズ、クリスマスにちなんだギフトなど、季節的なものを候補に挙げる方が多いはずです。そのほか、相手の欲しいものや趣味に合ったものなどを選ぶのが一般的。もちろん今挙げたアイテムも大変喜ばれる素敵なギフトですが、実は12月の誕生日プレゼントにピッタリな特別感のあるギフトがあるんです♪本記事では、12月生まれの人専用のプレゼント人気ランキングトップ5として、男女別に5選ずつをご紹介します。プレゼントの選び方やアイデアも一緒にお伝えするので、プレゼントがマンネリ化してしまっている方や、何を贈ろうか迷っている方はぜひご覧ください。


お世話になったお礼にはお菓子をプレゼント!ちょっとしたおしゃれなお返しおすすめ23選

お世話になったお礼にはお菓子をプレゼント!ちょっとしたおしゃれなお返しおすすめ23選

プレゼントを頂いたのでお返しを…お世話になったお礼をしたい!など、ちょっとしたお礼にはお菓子を選ぶのが一番ではないでしょうか。手に入りやすいので、あれこれと悩んでしまい、時間がなくなってしまうなんてことも避けられます。後に残らないのでいただいた方も負担になりません。友達、同僚、お世話になった方や上司へと、素早く決まり、相手に間違いなく喜んでいただける最高のギフトを紹介します。お礼に最適なお菓子のプレゼント。定番だからこそ、選び方のセンスが問われますよ。感謝の気持ちをさりげなく伝えられる、おしゃれで喜ばれるお菓子のギフトを厳選しました。


出産内祝いにはセンスが光るおしゃれな品を!芸能人にも人気のおすすめ15選

出産内祝いにはセンスが光るおしゃれな品を!芸能人にも人気のおすすめ15選

出産内祝いを贈るとき、ありきたりすぎるのもちょっと…と思うなら、おしゃれでセンスの良さを感じられるステキなアイテムを選びましょう。贈り物を受け取った方が感激すること間違いなしの商品をご紹介します。出産内祝い定番の名入れギフト、芸能人にも人気、SNSで話題のブランドなどから厳しくセレクトしたおすすめのものばかり。頂いたお祝いへの感謝の気持ちがきっと伝わりますよ。出産はとてもおめでたいこと、内祝いも豪華なものにしたいと思う一方、子育てにこれからお金がかかるので予算も気になる…でも大丈夫。出産内祝いの相場を把握したうえで、おしゃれなギフトをピックアップしました。むしろ、選んでいるあなたが欲しくなってしまうかもしれませんよ!


プチギフトはおしゃれなものがおすすめ!人気のアイテムをジャンル別に厳選12選

プチギフトはおしゃれなものがおすすめ!人気のアイテムをジャンル別に厳選12選

感謝の気持ちを形に変えて渡す小さな贈り物「プチギフト」。このちょっとしたギフトですが、実はもらう側にとっては意外と印象に残るものなのです。ささやかなものこそ、センスのいいお洒落なものを選びたい。例えば結婚式でゲストに配るプチギフト。どんなに式や披露宴が豪華でも、最後に渡すプチギフトがいまいちでは全部台無しです。今やプチギフトにこだわる方が多いのもうなづけますね。間違っても味気ない、本当に“粗品”的なものを選んだりしないように頑張りましょう。ささやかな贈り物にこそ、選ぶ人のセンスがあわられます。悩んでいる方必見!喜ばれるプチギフトおしゃれな厳選アイテム12商品のご紹介です。


最新の投稿


マナー界のカリスマに学ぶ!お歳暮・お中元の基本

マナー界のカリスマに学ぶ!お歳暮・お中元の基本

ギフト選びに不慣れな女性が贈り物のマナーを学んだり、センスを磨いたりする連載「ギフトスペシャリストへの道」。第三回目は、人気マナー講師「西出ひろ子先生(以下:先生)」に、お歳暮やお中元を贈るときのマナーについて教えていただきました!今回も、木野山ゆう(以下:木野山)さんと一緒にギフトについて学んでいきましょう。


「お返しは早く!いただいたお礼はその日のうちに返そう!」忘れがちなお返しを防ぐ、常に常備しておく手土産術。

「お返しは早く!いただいたお礼はその日のうちに返そう!」忘れがちなお返しを防ぐ、常に常備しておく手土産術。

ディライテッド株式会社代表取締役CEOを務める橋本真里子さんに、おもてなし術を学ぶ本連載。これまで、上場企業5社以上で受付をご経験された橋本さん。1日平均500人、月間10,000人、延べ120万人もの接客経験を通して確立した独自のノウハウを活かし、2017年にディライテッド株式会社を設立し、翌年にクラウド受付システム”RECEPTIONIST(レセプショニスト)”をリリース。そんな圧倒的なコミュニケーション力と接遇力を身につけていらっしゃる橋本さんに、今回は、不意なタイミングでいただいた贈り物や、忙しい年末のお歳暮への素敵なおもてなし術をお伺いしました。


特別なデザインで再登場!ディーン&デルーカ×パスザバトンの「リメイクバッグ」

特別なデザインで再登場!ディーン&デルーカ×パスザバトンの「リメイクバッグ」

こんにちは。皆さんに旬のギフト情報をいち早くお伝えするギフト総研です。今回は、ディーン&デルーカ×パスザバトン「リメイクバッグ」をご紹介します!


しっくりと手に馴染む和紙を贈る。江戸からかみのご祝儀袋

しっくりと手に馴染む和紙を贈る。江戸からかみのご祝儀袋

日本古来より伝わる技術を継承する職人達。素材にこだわり、ひとつひとつ丁寧に、職人の技術によって生み出される工芸はまさに国が誇る逸品です。今回は、ふすま紙や壁紙に使用される「江戸からかみ」を作る唐紙師(からかみし)にインタビュー。中国・唐より渡り、平安時代から伝わる「江戸からかみ」の至極の逸品ギフトをご紹介いたします。


クリスマスに特別な“泡”のプレゼント! LUSHの「クリスマス限定アイテム」

クリスマスに特別な“泡”のプレゼント! LUSHの「クリスマス限定アイテム」

こんにちは。皆さんに旬のギフト情報をいち早くお伝えするギフト総研です。今回は、LUSH「クリスマス限定アイテム」をご紹介します!