特別な思い出とともに贈りたい。ジローラモが選ぶとっておきの手みやげ

特別な思い出とともに贈りたい。ジローラモが選ぶとっておきの手みやげ

日本人にとって、仕事でもプライベートでも、手みやげは身近な存在です。しかし、それだけに贈り手のセンスが問われるものでもあります。連載企画「とっておきの手みやげ帖」では、各界における目利きの著名人に極上の手みやげをご紹介いただきます。オススメの逸品との出会いや、おもてなしのこだわりについてなど、手みやげにまつわるエピソードを語っていただく本企画。ゲストは、「ちょい不良オヤジ」の代名詞的存在、パンツェッタ・ジローラモさん。男性ファッション誌『LEON』ではモデルも務められる傍、バラエティなどでタレント活動も行われています。今回のインタビューでは、ダンディなジローラモさんオススメの、とっておきの手みやげをご紹介いただきました。


ジローラモさんに、とっておきの手みやげを聞きました

パンツェッタ・ジローラモ
1962年イタリア・アヴェッリーノ出身。タレント、モデル、随筆家、元東京純心女子大学講師。バラエティやスポーツ番組などで人気を博し、男性ファッション誌『LEON』ではモデルとして「ちょい不良オヤジ」の代名詞的存在に。2014年3月“連続して最も多くファッション誌の表紙を飾った数(男性モデル)”という記録名でギネスワールドレコーズ2014に世界記録として認定される。また、『バール・ジローラモ―南イタリアのおいしい話を召し上がれ』(角川書店)や『パスタとワインと豚のシッポ』(ワニの選書)など、料理に関する著書も多数出版している。

本当に喜んでもらえるプレゼントを贈りたい

――ジローラモさんは、交友関係も幅広く、贈り物をする機会も多いかと思います。しかもとてもグルメな印象ですが、手みやげやギフトを選ぶのはお好きですか?

プレゼント選びは好きですよ。特に相手が喜んでいる顔を見る瞬間が好き。そのために何をしたら喜んでくれるか全力で考えます。最近だと、いつも仲良くしているバイク好きの友人にライダースジャケットをプレゼントしようと考えていて。友人はイタリア人なので、イタリアには無い日本製のライダースを探し回りました。

自分の中でヒットしたお店が京都にあったので、手に入れるために京都まで出向いて。ネットで手配することもできるけど、それじゃ商品の肌触りやサイズ、着心地はわからない。実際に行って、触ってプレゼントは選びたいですね。

彼女にクルマをあげたり、花火を打ち上げたことも。
とびっきりの思い出とともに贈りたい

――すごい、京都まで買いに行かれたんですね!プレゼントを選ぶ上で気をつけていることはございますか?

やはり、相手のことを考えなければいけないですよね。手間や時間をかけてでもプレゼントをあげる相手のことをしっかり考えることが、喜んでもらえるかどうかに繋がってくるかと思います。

例えば女の子に花をプレゼントするときに、薔薇が好きな人もいれば他の花が好きな人もいる。おそらく薔薇を贈っておけば間違いないかもしれないけど、一番好きな花をもらう方が嬉しいですよね。一番好きな花をリサーチする手間をかけてでも一番喜んでもらえるようなプレゼントがしたいですね! 

――素敵です。でも好きな花までリサーチするのは大変ですよね。

そうですね。大変ですが、喋っていると何気ない会話で色々なことが分かりますよ。頻繁に会話しておくことも大切かもしれません。こまめにやりとりをしていれば、他の人とプレゼントが被ってしまう危険性も防げますし。

――誰かが贈ったものと被ってしまったら少し気まずいですよね。そんな贈り物好きなジローラモさんが、これまでにプレゼントされたもので一番印象に残っているものは何でしょうか? 

そうですね。誕生日プレゼントとしてクルマを贈ったことはあります。彼女が車の免許を取ったばかりだったので、そのお祝いも込めて贈りました。彼女のクルマの上に“I love you”とスプレーで書いて。あれは消すのが大変でしたね(笑)。

あとは、花火を打ち上げたこともあります。これも大変でした。花火をあげるためには、普通は2週間ほど前に事前に警察へ打ち上げ許可を取らなければいけないんですよね。でもその時は時間の余裕がなく、3日前に申請を出したんです。紆余曲折あって特別にホテルのビーチサイドでやらせていただくことになったんですが、口コミで「今日花火があがる」と周辺住民に広まってしまっていて。

当日、彼女のために秘密の場所まで準備したのに知らない人がぞろぞろやってくるんですよ。盛大に“HAPPY BIRTHDAY”の打ち上げ花火をプレゼントしたのに、知らない人々が喜んでいて、当の本人はあまりピンときていないようでした(笑)。

イタリア人はみんなで記念日を盛大に祝い、特別なプレゼントを贈りたい

――映画でしか見たことがないようなシチュエーションばかりですね(笑)。本当にプレゼントがお好きなんですね。ジローラモさんはキャラクターが印象的な方だと思いますが、例えば贈り物を選ばれる際に自分らしさを盛り込むことを意識されたことはありますか?

そうですね。一番大切なのは相手の喜びそうなものですが、自分の想いが込められていないプレゼントは味気ない。自分らしさのある記憶に残るものをプレゼントしたいですね。

それで言うと、日本人は義務感でお土産を選ぶ習慣がありますよね。例えば海外へ行って会社用にお土産を買う習慣。あれは“義務”ですよね。イタリアでは親族以外のためにお土産は買いません。あまり仲の良くない人にプレゼントする文化がないのかもしれません。教会でもお土産を持っていきますが、身内を守ってもらうための信仰の意味を込めたものに近いので、これもまた違いますね。

義務感のあるプレゼントはあまり好きではないですが、お世話になっている人に誕生日プレゼントを贈ったことはあります。これは義務感というより感謝の意味もあります。メッセージ性のあるプレゼントの方があげる方も、もらう方もテンションがあがりますよね。

――確かに、ジローラモさんらしいメッセージ性のあるプレゼントをもらえたら愛情が感じられて嬉しいです。イタリア人はプレゼント好きな人が多いと感じますか? 

そうですね。イタリア人はプレゼント好きというよりも、記念日やプレゼントが大切な習慣だと考えています。日曜日に親族で集まって食事会をしますが、その時に手みやげとしてスイーツを持っていきます。普段は食べないような特別なお菓子をそれぞれ持ち寄るんです。

お祝い事があるような食事会では、お酒を持っていきます。スパークリングワインを開けた時の“ポンッ”という破裂音が、その場をパッと明るくしてくれるんです。少しお祝い事があると集まって食事をしてお酒を持ち寄って、盛り上がりますね。

黄金の泡が煌めくスパークリングワイン
『カ・デル・ボスコ フランチャコルタ キュヴェ・プレステージ』

※『フランチャコルタ ブリュット キュヴェ プレステージ カ デル ボスコNV 発泡白 750ml』3600円(税込)

――この手みやげとの出会いはいつでしたか?ゴールドに光るボトルがとてもセクシーです。

昔からカデルボスコのことは知っていたのでもはやいつ出会ったか覚えていません。でもたまたまホテルのテラスで友人とカデルボスコを飲んでいたことがあって、その時に「カデルボスコ美味しいね」と呟いたんです。そしたら目の前にカデルボスコの社長が居て。

たまたまそのワインを褒めたところに社長さんが居て面白かったですね。そのあと葡萄畑にも連れていってくれて、その社長さんとは友達になりました。縁を感じた特別なお酒です。ワインやスパークリングワインは出会いが増えますよね。「一杯飲まない?」と乾杯したらその場で友達になってしまう。不思議ですよね。

――このスパークリングワインが縁を作ってくれたんですね。このお酒はどのようなときに贈りたいですか? 

日本人はよくスパークリングワインのことを“シャンパン”と呼びますが、イタリアではフランスで言うシャンパンのことを“フランチャコルタ”と呼びます。ミラノとフィレンツェの間にある地方で作られている葡萄がフランチャコルタ。このフランチャコルタはゴールドの瓶で、スパークリングでおめでたい見た目ですよね。

デザインも凝っていて、大人っぽい。みんなでわいわい楽しみたいときに飲んでほしいですね。実は手みやげとしてはまだこのお酒を使ったことは無いですが、自分が好きで結構飲んでいるので、みんなにもこの美味しいフランチャコルタを知ってほしいという感覚に近いです。

――ジローラモさん自身がお好きなフランチャコルタが『カデルボスコ』なんですね。確かにおめでたいような外装がお祝い事にぴったり。ぜひジローラモさん流の美味しい飲み方を教えていただけますか?

キンキンに冷やして飲むのがオススメです。あまり冷えていないときは、アイスを細かく砕いてグラスの中に入れてから注ぐと美味しいですよ。泡が立つのでバランスをみながら入れてくださいね。夏は特に冷やした炭酸がすっきりして美味しい。「とりあえず生」を頼む感覚で、枝豆と一緒に食べるのも最高。あぶらっこいものでも、生ハムでも、何でもマッチするのでお気に入りのマリアージュを見つけてみてほしい。

意外と値段も手頃なのでちょっとした手みやげにちょうど良い。人にあげると喜ばれますし、栓を抜いたときの“ポンッ”という音で場も華やぎますよ。夏の暑い日に、イタリアの風を感じたい日に、ぜひ使って欲しい手みやげですね。

企画:大崎安芸路(ロースター)
取材・文:天野成実(ロースター)
撮影:栗原大輔(ロースター)

関連するキーワード


とっておきの手みやげ帖

関連する投稿


自分の分身を贈る。小宮山雄飛が選ぶとっておきの手みやげ

自分の分身を贈る。小宮山雄飛が選ぶとっておきの手みやげ

各界における目利きの著名人に極上の手みやげをご紹介いただく本連載。今回のゲストは、2人組音楽バンド「ホフディラン」の小宮山雄飛さんをお招きしました。オススメの逸品との出会いや誕生秘話、おもてなしのこだわりについてなど、手みやげにまつわるエピソードをたっぷり語っていただきました。


「美味しい幸せをシェアしたい」ラブリが選ぶとっておきの手みやげ

「美味しい幸せをシェアしたい」ラブリが選ぶとっておきの手みやげ

日本人にとって、仕事でもプライベートでも、手みやげは身近な存在。それだけに贈り手のセンスが問われるものでもあります。連載企画「とっておきの手みやげ帖」では、各界における目利きの著名人に、オススメの逸品との出会いやおもてなしのこだわりについてなど、手みやげにまつわるエピソードをご紹介いただきます。ゲストは、ラブリさん。タレント、モデルとしても活躍。近年アーティストとして、詩集や絵本を出版するなど、活動の場を広げられています。2019年にはミニアルバム『愛って一体なんですか』をリリースし、歌手としても注目されています。今回のインタビューではそんなラブリさんの、思わず真似をしたくなってしまうようなキュートな手みやげ観をたっぷり伺いました。


「お茶とも通ずる、相手に見せない思いやりの贈り物」梅村尚子が選ぶとっておきの手みやげ

「お茶とも通ずる、相手に見せない思いやりの贈り物」梅村尚子が選ぶとっておきの手みやげ

日本人にとって、仕事でもプライベートでも、手みやげは身近な存在。しかし、それだけに贈り手のセンスが問われるものでもあります。連載企画「とっておきの手みやげ帖」では、各界における目利きの著名人に、おすすめの逸品との出会いや誕生秘話、おもてなしのこだわりについてなど、手みやげにまつわるエピソードをご紹介いただきます。ゲストは、梅村尚子さん。400年以上続く三斎流の家元の長女として出雲に生まれ、現在は由緒正しき武家茶道である三斎流の茶道を伝えています。三斎流観翠庵理事、出雲観光大使、島根県遣島使や、和文化コーディネーターとしても活動されている、まさに茶道界の重鎮。今回は、手みやげの極意や役立つ手みやげ情報をたっぷり語っていただきました。


「日常に彩りを添えるさりげないおもてなし」橋本真里子が選ぶとっておきの手みやげ

「日常に彩りを添えるさりげないおもてなし」橋本真里子が選ぶとっておきの手みやげ

日本人にとって、仕事でもプライベートでも、手みやげは身近な存在です。それだけに贈り手のセンスが問われるものでもあります。新連載「とっておきの手みやげ帖」では、各界における目利きの著名人が極上の手みやげをご紹介。オススメの逸品との出会いや誕生秘話、おもてなしのこだわりについてなど、手みやげにまつわるエピソードを語っていただきます。ゲストは、ディライテッド株式会社 代表取締役CEOの橋本真里子さん。受付嬢として11年、のべ120万人以上の接客を担当され、その経験を活かしてクラウド受付システムの会社の経営をされています。今回のインタビューでは、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも役に立つとっておきの手みやげをご紹介いただきました。


「ストーリーを感じてじっくり楽しんでもらいたい」Edが選ぶとっておきの手みやげ

「ストーリーを感じてじっくり楽しんでもらいたい」Edが選ぶとっておきの手みやげ

日本人にとって、仕事でもプライベートでも、手みやげは身近な存在。それだけに贈り手のセンスが問われるものです。新連載「とっておきの手みやげ帖」では、各界における目利きの著名人が極上の手みやげをご紹介します。オススメの逸品との出会いや、おもてなしについてなど、手みやげにまつわるエピソードを語っていただく本企画。第4回目のゲストは、国内外のモード誌や広告などで、長年に渡って女性の肖像を描き続けているイラストレーターのEdさん。イラストレーションに留まらず、アートディレクションやデザイン、舞台美術や執筆、写真など、様々な分野で幅広く活躍されています。今回のインタビューでは、自身の贈り物にまつわるエピソードをたっぷり語っていただきました。


最新の投稿


バスグッズのプレゼント18選|女性・男性に贈りたいおすすめギフト

バスグッズのプレゼント18選|女性・男性に贈りたいおすすめギフト

バスグッズのプレゼントは、特別な人への贈り物にもちょっとしたギフトにもなってくれる優秀アイテム。プレゼント選びに悩んだら、バスグッズをチェックしてみましょう。本記事では、男女別におすすめのバスグッズギフトをご紹介します。500円前後で買えるプチプラアイテムから、1万円前後の高級アイテムまで網羅し、各商品の価格帯もチェックできます。後半には、性別問わずプレゼントできるアイテムもピックアップ。結婚祝いにおすすめの商品も掲載していますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。


2021年最新!高級なお菓子ギフトは満足度高し!確実に相手を喜ばせる贈り物28選

2021年最新!高級なお菓子ギフトは満足度高し!確実に相手を喜ばせる贈り物28選

ギフトには、相手が必ず喜んでくれる、高級なお菓子を選びたいですね。高級で美味しいお菓子をもらって、喜ばない人はいません。日本全国で評判のお菓子を、28選ご紹介します。お取り寄せが趣味のライターが、自信をもって厳選しました!ぜひ参考にしてみてください。


1,000円で贈るプチギフト!コスパ抜群のプレゼントアイテムを男女別にご紹介

1,000円で贈るプチギフト!コスパ抜群のプレゼントアイテムを男女別にご紹介

誕生日やお祝いにちょっとしたプレゼントを贈りたい。予算1,000円のプチギフトでも、相手に喜んでもらえるセンスのいいアイテムがあれば…そんな風にお悩みの方必見!MEMOCO編集部がリサーチした結果、おしゃれでコスパ抜群のアイテムをたくさん発見できました。どれもお値段以上に見える、素敵な商品ばかり。今回は、男女問わず贈ることのできるグルメギフト、女性・男性それぞれにぴったりのアイテムと、ジャンル別でご紹介します。大人はもちろん、子供にも喜んでもらえる商品もあるので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。


予算500円で届けるプレゼント!女性が喜ぶちょっとした贈りもの11選

予算500円で届けるプレゼント!女性が喜ぶちょっとした贈りもの11選

500円で女性が喜ぶプレゼントは、仲の良い友達の誕生日やちょっとしたお礼など、相手に気を遣わせないちょうど良いプチギフト。結婚式などに配るプチギフトとしても選ばれ、実にさまざまな用途で贈られるプレゼントでもあります。さらにこの予算は、美味しいスイーツからおしゃれな雑貨まで意外と広範囲に選べる金額でもあり、ちょっと悩んでしまいますね。そこで今回は「何を選べばいいのかわからない」「ちょっと変わったものを選びたい」なんてお考えのあなたに、女性に贈って喜ばれるおしゃれで気の利いたプレゼントをセレクトしてみました。500円という金額で高見え&選ぶコツなども合わせてご紹介。ぜひプレゼント選びの参考にしてみてくださいね。


20歳の誕生日に贈るプレゼント【娘編】大人の女性としてのスタートを祝おう

20歳の誕生日に贈るプレゼント【娘編】大人の女性としてのスタートを祝おう

あんなに小さかった娘がもう20歳。ここまで大きく育ってくれたことへの感謝の気持ちと、これまでのことを振り返ってみますと感慨深いものがありますね。親としては、大人の仲間入りをする娘さんに何か記念になるプレゼントを、とお考えの方も多いことでしょう。しかし現実的に20歳と言えば「成人式」もありますから、親は何かと出費のかさむ年でもありますよね。しかも改めて節目の誕生日にプレゼントを贈るなら、どれくらいのものを、またどんな物を贈れば良いのか…と悩む方も少なくないと思います。今回はそんな20歳のお誕生日を迎える娘さんをお持ちのお母様やお父様に、娘さんがきっと笑顔で喜んでくれるおすすめのプレゼントをご紹介していきましょう。