「ストーリーを感じてじっくり楽しんでもらいたい」Edが選ぶとっておきの手みやげ

「ストーリーを感じてじっくり楽しんでもらいたい」Edが選ぶとっておきの手みやげ

日本人にとって、仕事でもプライベートでも、手みやげは身近な存在。それだけに贈り手のセンスが問われるものです。新連載「とっておきの手みやげ帖」では、各界における目利きの著名人が極上の手みやげをご紹介します。オススメの逸品との出会いや、おもてなしについてなど、手みやげにまつわるエピソードを語っていただく本企画。第4回目のゲストは、国内外のモード誌や広告などで、長年に渡って女性の肖像を描き続けているイラストレーターのEdさん。イラストレーションに留まらず、アートディレクションやデザイン、舞台美術や執筆、写真など、様々な分野で幅広く活躍されています。今回のインタビューでは、自身の贈り物にまつわるエピソードをたっぷり語っていただきました。


Edさんに、とっておきの手みやげを聞きました

Ed
1966年広島生まれ。イラストレーター、アートディレクター、画家。1988年、東京を拠点に活動を始める。長年に渡り国内外のファッション誌、ブランド、企業広告等に描かれる女性のモードイラストレーションは日本の美人画の系譜とも言われる。自身のウエアブランド『nakEd bunch』(2001-2010)のデザインを手掛けるなど活動の場を広げ、『DESSERT HOUSE』、『CoCo』、『QUAKENESS』、『Panspermia』、陶芸作品展『Salt Honey』など展覧会多数。2019年1月にエドツワキ(Ed TSUWAKI)より、Edに改名。
www.eeeeed.com

贈り主との関係から生まれるストーリー。プライスレスな贈り物

――今回は本企画にご協力いただきありがとうございます。Edさんは、プレゼントや贈り物をするのと、いただくのでは、どちらが多いですか?

いただいてばっかりです。いつもいつも“施し”を頂戴しているので、もう自分はお地蔵さんか、托鉢(たくはつ)のお坊さんに見えているのかな?と思っています(笑)。年齢を重ねるごとに図々しくなってきたので、遠慮なくお言葉に甘えられるようになりました。有難く頂戴して、いつか何がしかのカタチで返礼できたらいいですね。

――どういったものをいただくことが多いですか?

食べ物が多いです。ご自身が丹精込めて作られた米や野菜をいただくこともあります。春には長いお付き合いの北海道のおばちゃんが山に入って摘んだ『行者大蒜』がダンボール一箱送られてきました。

毎回、前触れもなく届くので、その日に招集を掛けて集まった幸運な友人たちと天ぷらにして、有難くいただきました。みんなあまりの美味しさにビックリしますよ。パワー満点です。これが届くとおばちゃんが達者な証拠なので、うれしいかぎりです。

おばちゃんへのお返しに、仲良くしている熊本の「のはら農研塾」からスイカを送ってもらいました。日本で一番早く収穫されるスイカで、毎年5月にいただきます。とても甘くて大きくて、ずっしりと重い、立派なスイカです。

東京にいながら、縁があって大地の成果がひょっこり届きます。プライスレスですよね。

――Edさんが多くの方に愛されている証拠ですね!ちなみに、どういった機会に贈り物をいただくことが多いですか? 

様々です。

関西や九州で個展の巡回展をやったときは、作品を積んで自分の車で西に向かったんだけど、会期中はギャラリーのオーナーや友人のお宅に長期の逗留をさせていただいて、滞在制作したり、食事をご馳走になったり、一緒に風呂屋に行ったり、下着の洗濯までしていただいたり… 裸の大将まっしぐらです(笑)。

旅のおみやげ選びには手を抜きたくない

――キャラバンのようですね。やはり、そのような旅行の終わりにおみやげを買われることはありますか?

いざ贈り物を選ぶ側に回ったら手を抜かない性分かもしれません。

海外でみやげ物屋の店内を歩き回ってみて、実際にその国で作られた物を見つけ出すのは至難の技だったりします。例えばワイキキあたりでMade in Hawaiiのものを探してみてください。ほとんどないと思います(笑)。キーホルダーひとつとっても本気で選びます。絵葉書でも、その国の切手でも、僕がそこで出会ったということが大事でね。自分がもらってうれしいものが見つかったら買って帰ります。

――特に印象に残っているおみやげはございますか?

石を拾ってくるくせがありましたね。もうやめましたけど。道で拾ったガラクタとかも。おみやげと言えるか分からないけど。

※左上から松ぼっくり、石、釘、「Peugeot(プジョー)」のバイクのメーター

この錆びた釘は、アイルランドのアラン島で石塀の上にボロッと置き去りになってたもので、一体どれくらいの年月そこにあったんだろう。

こっちは初めてパリに行ったときに道端で拾った、Peugeot(プジョー)のバイクのメーター(笑)。もちろんこれまでたくさん旅をしたし、もっとマシなもの、買い物もたくさんしたのに、何故か今もこんなジャンクが手元に残っています。殆どのものが淘汰されていったのに、不思議ですね。

スピリチュアルでサプリのようなチョコレート
「cacao∞magic」の『インナートリップセット』

――まさに自然からの贈り物ですね。さまざまな物ひとつひとつにストーリーが感じられてとても素敵です。今回ご紹介いただく「cacao∞magic」の『インナートリップセット』との出会いのきっかけは何でしたか?

「cacao∞magic」のショコラティエである松田すみれちゃんが30年来の友人なんです。彼女は日本におけるローチョコレートの先駆者で、彼女に「cacao∞magic」の初期のチョコを食べさせてもらったことが、そもそものきっかけです。

ローチョコレートとは、カカオ豆を48℃以下の“RAW製法”という特別な低温調理で仕上げたチョコレート。実はカカオは300種類以上もの栄養素が詰まった、“スーパーフード”なんだそうです。低温で調理されたカカオは、カカオ本来に備わっている栄養素を壊すことなく、また風味も損なわずに美味しく仕上げることができるそうですよ。

「cacao∞magic」のローチョコレートを初めて食べた時は衝撃を受けました。フレッシュで濃厚なカカオの香りと味が口中に広がって得もいわれぬ体験でした。今まで食べてきたチョコレートはなんだったんだろう? という。

――ローチョコレート、初めて聞きました。面白い外箱ですが、何かコンセプトのあるチョコレートでしょうか?

グラフィックアーティストの河野未彩さんの作品『HIPNOSIS 01』から着想を得て、ストーリーに出てくる4つのモチーフ『UFO』、『PYRAMID』、『BUDDHA』、『TORUS』を型どったチョコレートのセットですね。エネルギー循環システムを表す『トーラス』は僕も好きなモチーフで、ニコラ・テスラやバックミンスター・フラーに繋がってくるんだけど… ぜひこれ『ムー』でも取り上げてほしいですね! (※『ムー』=学研プラスが発行する月刊オカルト情報誌のこと)

ブックレットにそれぞれのフレーバーの効能が図解入りで記述されています。

※上から『UFO』、『トーラス』、『ピラミッド』、『ブッダ』の効能が記載されたブックレット

――チョコレートを食べる前に効能書きを読むなんて面白いです。この味の中でどのフレーバーが一番お好みですか?

ブッダさんが好みです。頭をかじるのは少々気が引けますが...

昔、チョコレートは気付け薬のような役割りをしていたそうです。そう考えると、すみれちゃんは錬金術師や薬剤師といった見地でチョコレートを作っているんじゃないかな。処方箋はいらないし、美味しいし、彼女は使命感持ってやってる気がします。

――どんな人に贈りたいですか?

確かな舌を持ってて、このセンスオブユーモアを解してくれて、封を開けたときにゲラゲラ笑ってくれる女性に贈りたいですね。

――丁寧に目を通してもらえたら、この手みやげをより一層楽しむことが出来そうです。本日は様々なお話を伺うことができ大変光栄でした。ご協力いただきありがとうございます。

ありがとうございました。

企画:大崎安芸路(ロースター)
取材・文:天野成実(ロースター)
撮影:藤井由依(ロースター)

関連するキーワード


とっておきの手みやげ帖

関連する投稿


「美味しい幸せをシェアしたい」ラブリが選ぶとっておきの手みやげ

「美味しい幸せをシェアしたい」ラブリが選ぶとっておきの手みやげ

日本人にとって、仕事でもプライベートでも、手みやげは身近な存在。それだけに贈り手のセンスが問われるものでもあります。連載企画「とっておきの手みやげ帖」では、各界における目利きの著名人に、オススメの逸品との出会いやおもてなしのこだわりについてなど、手みやげにまつわるエピソードをご紹介いただきます。ゲストは、ラブリさん。タレント、モデルとしても活躍。近年アーティストとして、詩集や絵本を出版するなど、活動の場を広げられています。2019年にはミニアルバム『愛って一体なんですか』をリリースし、歌手としても注目されています。今回のインタビューではそんなラブリさんの、思わず真似をしたくなってしまうようなキュートな手みやげ観をたっぷり伺いました。


「お茶とも通ずる、相手に見せない思いやりの贈り物」梅村尚子が選ぶとっておきの手みやげ

「お茶とも通ずる、相手に見せない思いやりの贈り物」梅村尚子が選ぶとっておきの手みやげ

日本人にとって、仕事でもプライベートでも、手みやげは身近な存在。しかし、それだけに贈り手のセンスが問われるものでもあります。連載企画「とっておきの手みやげ帖」では、各界における目利きの著名人に、おすすめの逸品との出会いや誕生秘話、おもてなしのこだわりについてなど、手みやげにまつわるエピソードをご紹介いただきます。ゲストは、梅村尚子さん。400年以上続く三斎流の家元の長女として出雲に生まれ、現在は由緒正しき武家茶道である三斎流の茶道を伝えています。三斎流観翠庵理事、出雲観光大使、島根県遣島使や、和文化コーディネーターとしても活動されている、まさに茶道界の重鎮。今回は、手みやげの極意や役立つ手みやげ情報をたっぷり語っていただきました。


特別な思い出とともに贈りたい。ジローラモが選ぶとっておきの手みやげ

特別な思い出とともに贈りたい。ジローラモが選ぶとっておきの手みやげ

日本人にとって、仕事でもプライベートでも、手みやげは身近な存在です。しかし、それだけに贈り手のセンスが問われるものでもあります。連載企画「とっておきの手みやげ帖」では、各界における目利きの著名人に極上の手みやげをご紹介いただきます。オススメの逸品との出会いや、おもてなしのこだわりについてなど、手みやげにまつわるエピソードを語っていただく本企画。ゲストは、「ちょい不良オヤジ」の代名詞的存在、パンツェッタ・ジローラモさん。男性ファッション誌『LEON』ではモデルも務められる傍、バラエティなどでタレント活動も行われています。今回のインタビューでは、ダンディなジローラモさんオススメの、とっておきの手みやげをご紹介いただきました。


「日常に彩りを添えるさりげないおもてなし」橋本真里子が選ぶとっておきの手みやげ

「日常に彩りを添えるさりげないおもてなし」橋本真里子が選ぶとっておきの手みやげ

日本人にとって、仕事でもプライベートでも、手みやげは身近な存在です。それだけに贈り手のセンスが問われるものでもあります。新連載「とっておきの手みやげ帖」では、各界における目利きの著名人が極上の手みやげをご紹介。オススメの逸品との出会いや誕生秘話、おもてなしのこだわりについてなど、手みやげにまつわるエピソードを語っていただきます。ゲストは、ディライテッド株式会社 代表取締役CEOの橋本真里子さん。受付嬢として11年、のべ120万人以上の接客を担当され、その経験を活かしてクラウド受付システムの会社の経営をされています。今回のインタビューでは、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも役に立つとっておきの手みやげをご紹介いただきました。


エンターティナー谷中敦が選ぶとっておきの手みやげ

エンターティナー谷中敦が選ぶとっておきの手みやげ

日本人にとって、仕事でもプライベートでも、手みやげは身近な存在。それだけに贈り手のセンスが問われるものです。新連載「とっておきの手みやげ帖」では、各界における目利きの著名人が極上の手みやげをご紹介。オススメの逸品との出会いや、おもてなしのこだわりについてなど、手みやげにまつわるエピソードを語っていただきます。3回目のゲストは、今年デビュー30年を迎える東京スカパラダイスオーケストラでバリトンサックス&ヴォーカルを担当している谷中敦さん。日本人離れしたスタイルとセクシーさを活かし、役者としても活動されています。今回のインタビューでは、多方面でマルチに活躍されている谷中敦さんオススメの、とっておきの手みやげをご紹介いただきました。


最新の投稿


上司への出産祝いには何を贈る?ちょっとリッチなベビーギフト5選

上司への出産祝いには何を贈る?ちょっとリッチなベビーギフト5選

いつもお世話になっている上司に赤ちゃんが生まれたら、出産祝いを贈りたいですよね。でも、目上の人へのギフトは、失礼があったらいけませんから、悩んでしまうもの。今回は、上司へ贈る出産祝いをセレクトしてみました。個人的に贈る場合と数名でお金を出し合って贈る場合とそれぞれご紹介しますので、出産祝い選びに悩んでしまったら、ぜひ参考にしてくださいね。


癒やされながらキレイになろう。サロン併設AYURAの旗艦店がオープン!「AYURA GINZA」

癒やされながらキレイになろう。サロン併設AYURAの旗艦店がオープン!「AYURA GINZA」

こんにちは。皆さんに旬のギフト情報をいち早くお伝えする「ギフト総研」です。今回は、「AYURA GINZA」をご紹介します!


予算3,000円でここまで買える!女友達・男友達へ贈るクリスマスプレゼント23選

予算3,000円でここまで買える!女友達・男友達へ贈るクリスマスプレゼント23選

今年のクリスマスは仲良しの友達と一緒に過ごしたい!楽しいクリスマスを迎えるには友達をHappyにさせるプレゼントも、忘れてはなりませんね。男友達・女友達に贈るクリスマスプレゼントを、予算3,000円以内でご紹介します。共に笑って時には泣いて…色々なことがあったからこそ、友達の存在をありがたく感じることってありますよね。あなたが感じている感謝の想いをクリスマスプレゼントに詰め込めば、友達にもその気持ちが伝わるでしょう。こちらの記事ではmemocoが友達向けのプレゼントを厳選。1,000円・2,000円前後のお手頃プライスながら、オシャレな品をご紹介します。センスあふれる贈り物を片手に、仲間と過ごすクリスマスを盛り上げてください!


出産祝いには赤ちゃんのお友達を!ベビーギフトにぴったりのぬいぐるみ5選

出産祝いには赤ちゃんのお友達を!ベビーギフトにぴったりのぬいぐるみ5選

出産祝いには、かわいくて赤ちゃんのお気に入りになるようなものを贈りたいですよね。赤ちゃんも喜んでくれるギフトなら、ぬいぐるみがぴったり。小さな手で握りやすいのはもちろん、口にしても安心な素材でできたものをセレクトしてみました。赤ちゃんが初めてのお友達として迎え入れてくれるような、かわいくて優しい表情のぬいぐるみをご紹介します。


赤ちゃんを優しく包んでくれる。出産祝いにおすすめスリーパー5選

赤ちゃんを優しく包んでくれる。出産祝いにおすすめスリーパー5選

おくるみのようにも使え、赤ちゃん用の布団代わりにもなるスリーパーなら、出産祝いにぴったり。そして、生まれてすぐの赤ちゃんから、幼稚園ぐらいになるまで長く使ってもらえるというのも、贈り物として喜ばれるポイントになります。今回は、赤ちゃんの肌に優しい素材を使ったものを厳選して選んでみました。もちろんデザインもかわいいものが揃っていますから、ギフト選びの参考にしてくださいね。