憂鬱な雨の日でもこころ華やぐ。贈り物にはファッションとして楽しめる洋傘を

憂鬱な雨の日でもこころ華やぐ。贈り物にはファッションとして楽しめる洋傘を

日本が誇るべき職人の手仕事が生み出す匠のギフト。今回は、昭和5年に創業して以来、昔ながらの製法で洋傘を作り続ける小宮商店を訪れました。使い捨ての傘が台頭したことで下火になってしまった国内の傘産業ですが、今改めてモノにこだわる人がもつお洒落なアイテムとして注目されているそう。そんな洋傘の魅力を紐解いていきましょう。


かつての洋傘はお洒落の最先端!東京発の洋傘の魅力とは

※ 左から、日傘「極光」シリーズ(ミックス)50cm 10本 27,000円 (税込)、日傘「極光」シリーズ(薄藍/檸檬)50cm 10本 27,000円 (税込)

冷たい雨から私たちを守ってくれる傘は、もはや手放すことのできない生活必需品です。梅雨はもちろん、夏にはゲリラ豪雨が増えてきたこともあって、これからの季節はますます出番が増えることでしょう。

そんな傘ですが、最近はコンビニなどで買える安価なビニール傘に頼ってしまう人も多く、ギフトとしても打って付けなんです。ちゃんと作られた傘は雨を避けるだけでなく、ファッションとしても楽しめる魅力を持っており、喜ばれることひとしおです。

今回は東京都伝統工芸品にも指定された、日本の洋傘を代表する「東京洋傘」に注目しました。訪れたのは1930年に創業した小宮商店。一時は安価な海外傘の進出により窮地に陥ったことがあるという同店ですが、今では毎日たくさんの方が足を運ぶ人気店です。さっそく東京洋傘について詳しく伺っていきましょう。

取材先プロフィール

小宮商店
1930年から3代に渡って続く傘専門店。小売りを始めたのは6年ほど前で、それまでは傘の制作と卸を専業でやってきた。近年は東京洋傘の魅力を広めるため、百貨店でポップアップストアを行ったり、傘の生地のバリエーションを増やすなど、様々な取り組みも行っている

人物プロフィール

小宮宏之さん
昭和44年生まれ。小宮商店の3代目。衰退する日本の傘業界に危機を感じ、盛り上げるための様々な取り組みを始める

傘は大人への一歩。人生の節目に末広がりな贈り物

——ギフトとして傘を見た時、ふさわしいシーンはあるのでしょうか?

小宮宏之さん(以下、小宮):傘はその形状が末広がりであることから、縁起のいいプレゼントなんです。なので人生の節目となるようなお祝い事に向いています。就職を機にスーツに似合う傘を贈ったり、結婚のお祝いに夫婦で揃いの傘を贈ったり。うちの傘は手入れをしていけば末長く使えます。骨が折れてしまっても修理ができますので、ぜひ捨てずに直して使っていただけたら嬉しいです。

——人気の傘や、定番の傘はありますか?

小宮:代表的なものだと、16本骨の「かさね」シリーズです。表と裏の色が違う色になるよう、二重に織った甲州織の生地を使っていて、傘の端の細いラインがアクセントです。雨晴兼用と謳っていて、雨の日をメインに、晴れの日は日傘としても使っていただけます。

カラーバリエーションが豊富なので、贈る相手のことをイメージしながら色を選んでいただくと良いかと思います。

※16本骨の「かさね」シリーズ(グレー×ローズピンク) 21,600円(税込)

——こんな傘をプレゼントされたら、雨の日でもお出かけが楽しくなりそうですね。

小宮:そうですね。そういう傘を目指しています。

傘を作り続けて89年。東京の洋傘の未来を担う小宮商店

——小宮商店の歴史を教えてください

小宮:創業は昭和5年、山梨の大月市の出身だった小宮宝将が、東京・浜町で洋傘作りを始めました。当時はまだ、庶民たちの間では竹の骨組みに和紙と張り油を塗った「番傘」が一般的で、洋傘は大卒の初任給でようやく買えるほど高価なものでした。

お洒落の最先端を行く洋傘は、憧れの存在だったんですね。そこで、そんな最先端の洋傘で何か出来ないかと考え、地元の甲州織を布地に使った傘を思いつきます。甲州織は複雑な柄や繊細な文様を表現しやすい織物だったので、派手な傘も作りやすく、お洒落な人から人気があったそうですよ。

昭和40年頃になると、日本の傘の生産量は世界一になり、海外へ輸出までしていたんです。東京には大勢の職人がおり、作っても作っても追いつかないという時代。昭和50年代以降になると、台湾、中国、韓国などで作った低価格な傘が一気に普及し始めます。

それをきっかけに、傘は使い捨てるものへと変わっていってしまうんです。今ではもう、東京に傘職人は十数名しかおりません。

——同時にお洒落なものとしても扱われなくなってしまったんですね。

小宮:そうですね。そもそも傘が今でもこんなにアナログに、一本一本手作りしているなんて、ほとんどの人は知らないじゃないですか。それは伝えてこなかった、ということでもあるんですよね。

これだけ丁寧に、手間を掛けないと作れないものだっていうことが知られてなさ過ぎるので、「いいものはいい」ということがもっと広まってくれるといいなと思います。

小宮商店の傘には職人によって随所にちりばめられた“仕掛け”も施してあります。そんな“仕掛け”もお客様に長くお洒落に使ってもらえる工夫です。

※骨の関節部分をダボと呼び、そこを布で包む「ダボ巻き」という技術。 ダボがむき出しになることで生地と密着したときに起きる生地の汚れや擦れを防いでいます。

※傘を開く際に上に押し上げる部分を「ロクロ」と呼び、それを生地で包んだ「ロクロ巻き」という技術。傘を開くときも手が挟まる恐れがありません。

改めて傘をファッションとして楽しむ時代に

※傘の手元はサイズの合うものがあれば交換することもできる。注文をすれば名彫り入れや、プレート付けも可能。名彫り3,240円(税込)プレート付け2,160円(税込)

——昨年、小宮商店さんが作る東京洋傘が東京都伝統工芸品に選ばれましたが、それも洋傘の魅力を伝えるための取り組みなのですか?

小宮:そうなんです。経済産業省と東京都に掛け合い、4年ほどかかってようやく実現できました。なんとなく分かると思うのですが、洋傘って伝統工芸っぽくないんです。形が昔からずっと変わっていないのに、まだまだ現役ですから。だから最初はまったく理解されませんでした。

でも調べてみると東京は洋傘製造の発祥地で、100年以上の歴史があるんですよ。だから職人を育てていくことも含めて、次の世代にしっかり受け継いでいかないといけないなと思っています。ちなみに、伝統工芸に認定された東京洋傘は、100年前から使用されていた素材で伝統技法に則り丁寧に製作しています。

※東日本橋ショップで傘を購入すると無料でもらえる傘専用の手提げ袋

——小宮商店の傘の魅力はどんなところにありますか?

小宮:やはり伝統技法を使いつつ、ファッションの一部としても使っていただけるような傘であるというところでしょうか。今の時代、機能だけを求めてしまうと産業的にならざるを得ません。そうではなくて、今一度ファッションとして楽しんで貰えるような、豊かな傘作りを心がけていきたいと思っています。

企画:天野成実(ロースター)
取材・文:石井良
写真:栗原大輔(ロースター)

関連するキーワード


職人の技が光る 匠のギフト

関連する投稿


浅草土産のニューカマー 華やかな和柄のうちわ飴

浅草土産のニューカマー 華やかな和柄のうちわ飴

日本古来より受け継がれる伝統の技術で匠の逸品をつくる職人たち。今回ご紹介するのは、僅かな時間で命を吹き込んだような飴細工をつくることで有名な「浅草 飴細工 アメシン」。伝統工芸と呼べるアメシンの飴細工に、実は気軽に贈ることのできる飴細工があるのはご存知ですか?今回は、夏はもちろん一年を通して喜ばれるギフトにぴったりな飴細工をご紹介いたします。


東京みやげの定番! 東京御三家の名匠「亀十」どら焼き

東京みやげの定番! 東京御三家の名匠「亀十」どら焼き

日本古来より脈々と受け継がれる技術で匠の逸品を生み出す職人たち。近年、熟練の技を活かした伝統工芸が進化を遂げているのはご存知ですか?今回ご紹介するのは浅草で90年の暖簾を誇る、老舗和菓子屋「亀十」。浅草では知らない人はいないといわれている名店のどら焼きは、差し入れや手みやげにぴったり。老舗の味を求めて足を運び、その魅力を聞きました。


一生使える贈り物。東京の伝統工芸が生み出す純銀のアイススプーン

一生使える贈り物。東京の伝統工芸が生み出す純銀のアイススプーン

日本が誇るべき職人の手仕事が生み出す匠のギフト。今回訪れたのは、江戸から令和の東京に伝わる伝統工芸を作り上げる「日伸貴金属」。引き込まれるような美しさを持ちながら、日常に寄り添う実用品でもあるのが銀器です。そんな「用の美」を極める日伸貴金属の「純銀の手打ちアイススプーン」をご紹介。大切な人への贈り物にもぴったりな銀器の魅力に迫ります。


まるで宝石のよう!洗練された色を生み出す畠山七宝の東京七宝

まるで宝石のよう!洗練された色を生み出す畠山七宝の東京七宝

手仕事を極めた匠の技で逸品を生み出す職人たち。伝統が息づく彼らの作品の中には、近年おしゃれな伝統工芸品も増えてきていることを知っていますか?今回ご紹介するのは、東京都の伝統工芸品として認められた東京七宝のジュエリー。大切な人への贈り物にぴったりな伝統の品の魅力をお伝えいたします。


最新の投稿


【決定版】横浜駅でお土産を買う!横浜っ子もおすすめの人気ランキングTOP11&番外編

【決定版】横浜駅でお土産を買う!横浜っ子もおすすめの人気ランキングTOP11&番外編

歴史ある港町・横浜。ランドマークタワーや赤レンガ倉庫のみなとみらい。中華街、元町からモダンレトロな洋館の立ち並ぶ山手地区、美しい夜景…。見所はつきません。週末のデートに、グルメにショッピングと、魅力満載の横浜への起点、横浜駅。JRを始め、東急、相鉄、市営地下鉄、みなとみらい線とアクセスが抜群です。そして駅ナカや直結の商業施設も数多く、お土産を買うのに好都合。楽しく無駄なく観光して、お土産は最後に横浜駅で買うのが横浜観光のおすすめなのです。駅周辺のショッピングスポット、改札を入ってしまった後のお土産売り場、朝早くから開いているショップ、などなどご紹介します。もちろんMEMOCO厳選のおすすめお土産ランキングもお見逃しなく!


古希のお祝いは涙が見れる!70歳の父母に贈る感動プレゼント23選

古希のお祝いは涙が見れる!70歳の父母に贈る感動プレゼント23選

70歳といえば古希のお祝いをする歳です。かつては数え年(満69歳)で祝うことが多かったものの、現代では満70歳で古希をお祝いするご家庭が多いですね。昔は70歳まで長生きするのは稀(まれ)、という意味から「古稀」とも書かれていました。そんな70歳、古希のお祝いは今の長寿社会でも特別な記念イベントです。身近な人が70歳を迎えたら、何を準備すればいいのでしょうか?大切な人の節目の年をお祝いするなら、とっておきの記念品・プレゼントを準備しておきたいですね。まだまだ若く元気な70歳のお父さん・お母さん。記念すべき70歳に祝福、そして「これからも元気でいてね」という気持ちを伝えましょう!


チャーミングな北欧デザイン! アフタヌーンティー・リビング マッティ・ビッグヤムサとのコラボ商品

チャーミングな北欧デザイン! アフタヌーンティー・リビング マッティ・ビッグヤムサとのコラボ商品

こんにちは。皆さんに旬のギフト情報をいち早くお伝えするギフト総研です。今回は、アフタヌーンティー・リビング のイラストレーター、マッティ・ピックヤムサとのコラボ商品をご紹介します!


【2019】女性が喜ぶクリスマスプレゼント!予算&お相手別おすすめギフト19選

【2019】女性が喜ぶクリスマスプレゼント!予算&お相手別おすすめギフト19選

女性へのクリスマスプレゼント選びに頭を悩ませていませんか。クリスマスは女性にとって最高に楽しみなイベントのひとつ。その日が近づくとワクワクしてくる方もたくさんいるはずです。色とりどりのイルミネーションに心が踊るシーズン「クリスマス」。当日に素敵なプレゼントがあれば「とっても幸せ!」なのです。大切な女性の笑顔が心に浮かんだあなたは、それを現実にするためにもプレゼントの選び方をチェックしておきましょう。ポイントとなる選び方のコツをおさえつつ、ご紹介する厳選ギフトを参考にしてください。プレゼントを贈りたい女性にぴったりな最高のギフトをセレクトしましょう。


[予算別]迷えるプレゼント選びの救世主”フランフラン”でGET!不動人気のギフト14選

[予算別]迷えるプレゼント選びの救世主”フランフラン”でGET!不動人気のギフト14選

”デザインによって毎日をより楽しく、より豊かに”をコンセプトに、常に新たな価値観やワクワクを届けてくれるFrancfranc(フランフラン)。インテリアや雑貨探しの際、まずこのブランドをチェックするという方も多いのではないでしょうか。キッチン雑貨やファブリック用品のような身近なアイテム、そしてハイセンスな家具や家電などなど、あらゆるホームグッズが揃うフランフランはプレゼント選びにおいても大活躍。お友達の誕生日祝いや結婚祝いも、クリスマスなどのシーズンギフトも、全部お任せください!今回は3つの予算カテゴリごとに、2019年秋新作商品も含めてどーんとご紹介します。フランフラン店内を眺めている時の、あのワクワク感を感じてもらえますように。