一生使える贈り物。東京の伝統工芸が生み出す純銀のアイススプーン

一生使える贈り物。東京の伝統工芸が生み出す純銀のアイススプーン

日本が誇るべき職人の手仕事が生み出す匠のギフト。今回訪れたのは、江戸から令和の東京に伝わる伝統工芸を作り上げる「日伸貴金属」。引き込まれるような美しさを持ちながら、日常に寄り添う実用品でもあるのが銀器です。そんな「用の美」を極める日伸貴金属の「純銀の手打ちアイススプーン」をご紹介。大切な人への贈り物にもぴったりな銀器の魅力に迫ります。


伝統工芸一家が令和に伝える技術

※(写真左)二代目上川宗照さん、(写真右)三代目上川宗伯さん

銀は古来よりその輝きで人々を魅了し、古くから各国で食器や日用品に用いられてきました。櫛、かんざし、刀の鍔など、意匠を凝らした銀製品を作っていた銀師(しろがねし)と呼ばれる金工師こそが、今回の主役です。

台東区の日伸貴金属は、東京銀器の祖とされる名匠「平田禅之丞」の直系後継者である、二代目上川宗照さんを筆頭とする工房。現代に技を残し、さらに発展させていこうと腐心されている、数少ない伝統工芸一家です。そんな一家が生み出したアイススプーンとは? その魅力を三代目上川宗伯さんに聞きました。

<取材先プロフィール>

日伸貴金属
初代上川宗照が九代平田宗道の一番弟子として修業し、独立後に立ち上げた工房。現在は二代目上川宗照と三男一女が同じ工房内で仕事をしている。伝統を重んじ、尊重しながらも、次代に繋いでいく中で新しいセンスを積極的に取り入れ、融合させた次世代の伝統工芸を目指している。

<人物プロフィール>

上川宗伯さん
昭和48年生まれ。上川家の長男として、父である二代目上川宗照に師事。東京都伝統工芸品産業団体青年会副会長、東京銀器工業協同組合青年部部長を担い、伝統工芸を後世に伝えていく活動にも積極的に取り組んでいる。

職人であることにこだわり、“用の美”を追求

※「純銀の手打ちアイススプーン」。10,000円(税別)。オーダーをもらってから2~3週間でお届けが可能

——銀器の魅力はどんなところにありますか?

上川宗伯さん(以下、上川):一枚の銀の板を何度も叩いて形を作っていく銀器は、時代ごとに様々なものに形を変え、人々の生活に寄り添ってきた実用品です。もちろん美術的な側面もありますが、私たち銀師はアーティストではなく職人。お客様の依頼のもと、お客様が日々お使いになるものを作ります。あくまでも実用的であって、美しい要素も兼ね備えている。そういった「用の美」こそが銀器の魅力だと思いますし、世界中から評価いただいている理由でもあります。

——「純銀の手打ちアイススプーン」はどのようにして生まれましたか?

上川:始まりは、銀でアイススプーンを作ってみたらどうか、とお客様からアイディアをいただいたものです。とはいえ、商品化するまでには3、4年ほどかかり、大きさはもちろん、アイスをすくいやすい形状やエッジの立て方などの試行錯誤がありました。

お陰様ですごく好評いただいていて、世界中からお問い合わせいただくものになりました。国内外を問わず、小さなお子様からお年寄りへの実際に使えて美術的要素を持つ「用の美」として記念品をお探しのお客様や、メディア関係者、女優さん、俳優さんなど、幅広くお客様にご購入をいただいております。

一打一打に集中して、すべてを手作業で仕上げる

——そんなアイススプーンですが、どうやって作られているのですか?

上川:作り方自体はすごくシンプルで、糸鋸で切り出した一枚の銀の板を、木槌で何回も叩いて形を作っていきます。普通であれば機械化して、型押しで作れば効率がいいのですが、そうはできない理由があるんです。

というのも、使用する銀は機械で産業的に作るには柔らかすぎるんです。世界的には92.5%の銀に7.5%の銅を混ぜたものがスターリングシルバーといって、世界基準の純銀と言われるラインになりますが、うちの銀器では、それ以上の99.9%の純度を持つピュアシルバーを使っています。

それに手作業でないと、細かい調整ができません。例えば、持ち手の部分の模様も一打一打つけていて、この部分だけでも2000回以上叩く必要があります。手打ちするのには意味があって、叩くことで粒子が凝縮され、強い銀になるんです。ここに銀器の本質が詰まっているんです。

※叩きながら音も聞き、厚みが均一になっているかなどを判断。五感をフルに使う、集中力のいる作業だ

——気が遠くなりそうなほどの手間が掛けられているんですね。ちなみに、ここまで純度の高い銀を使う理由は何ですか?

上川:銀は熱伝導率が金属の中で一番優れているという特徴があり、純度が高いほど効果も高まりますから、手の体温をアイスに伝えて溶かし、食べやすくするアイススプーンにとっては、純度の高い銀が最適な素材なんです。

純銀のみでつくられた高品質の純銀アイススプーンは、世界でも類を見ません。普通のスプーンとアイスの溶け方を比べていただくと、驚かれる方も多いですよ。程よい純銀のみの重さでやさしく手に馴染み、口当たりが全く他の製品と違います。

ギフトにするなら、ベビースプーンとしても人気

※左から「純銀の手打ちアイススプーン」10,000円(税別)、「宗照の純銀手打ちアイススプーン(ゴザ目打ち)」30,000円(税別)、「宗照の純銀手打ちアイススプーン(打込象嵌)」50,000円(税別)。

——アイススプーンは3種類あると聞きましたが、それぞれどう違うのでしょうか?

上川:主に持ち手の部分の柄が違います。私が作るのは槌目打ちのもので、これが一番スタンダード。他は父の宗照が作る、少し装飾に凝ったもので、ゴザ目打ちと打込象嵌(うちこみぞうがん)という技法を使っています。ゴザ目打ちは、江戸時代には小判の外周部に偽造防止のために施されていたほどの職人技。打込象嵌は、純金から切り出した板を叩いて打ち込んでいく技法で、刀の鍔などに用いられていたとても高度な技法です。アイススプーンは現代的なものではありますが、3種類とも日本の伝統的な技術を用いて制作したものです。

——ギフトにするなら、どんな形が理想ですか?

上川:ひとつひとつがオーダーメイドなので、お名前をお入れして贈り物にされる方はとても多いです。あと最近では、ベビースプーンとして出生祝いのギフトにしたい、という需要が増えているんです。銀器は、一生ものですから、小さい内はベビースプーンとして、大きくなってからはアイススプーンとして使い続けていただくことができます。99.9%の純度を持つピュアシルバーで作られているので赤ちゃんにも安心してご使用いただけます。

ポンと買えるものではないですが、だからこそ例えば生誕を祝うような特別なお祝いには最適。お手入れも簡単で、長く使えるものなので、誰かの一生に寄り添ってくれるようなギフトになるかと。よく育てると表現しますが、使うことで深い味わい、風合いに変わっていく。それが銀器の本来の魅力ですね。

——まさに「用の美」なんですね。最後に、一言お願いします。

上川:そうですね。銀器は修理もできますので、そういう意味でもお付き合いを途切れさせないように、この技術を未来に伝えていかなければいけないと思っています。とはいえ、リレーに例えれば、私もまだまだバトンを持って走っている段階。今後も銀器の魅力を少しでも多くの方に伝えて行けたらと思っています。

企画:天野成実(ロースター)
取材・⽂:石井良
撮影:栗原大輔(ロースター)

関連するキーワード


職人の技が光る 匠のギフト

関連する投稿


ユニークなデザイン、匠の技、この道40年の職人が紡ぐ「giraffe」のネクタイ

ユニークなデザイン、匠の技、この道40年の職人が紡ぐ「giraffe」のネクタイ

日本が誇るべき職人が、手作業で一つ一つ時間をかけて作る匠のギフト。今回訪れたのは、東京都渋谷区にあるネクタイ専門店「giraffe(ジラフ)」。環境対策を目的とした“クールビズ”などが定着しつつある日本では、ネクタイを締めたサラリーマンを見る機会も減っている気がします。しかし、そんな時代においても、ユニークなデザインと丁寧な匠の技で、思わずワードローブに加えたくなるような至極の逸品があるのをご存知でしょうか?男性へ贈る定番ギフトであるネクタイ。丹念に作られ、職人技が光るネクタイの魅力に迫りました。


国宝級の逸品。強く美しい江戸切子を贈る

国宝級の逸品。強く美しい江戸切子を贈る

日本が誇るべき職人の手仕事が生み出す匠のギフト。今回は、江戸の伝統工芸として有名な江戸切子です。江戸時代後期、海外から長崎に持ち込まれたカットグラスが江戸へと渡り、「江戸切子」として開花したのがその起源。代表的な矢来・菊・麻などの紋様には、それぞれ意味が込められているため、贈りたい相手にメッセージが込められる粋なギフトとなりそうです。


匠の技を伝えるために生まれた「HARIO Lamp work Factory」のガラスアクセサリー

匠の技を伝えるために生まれた「HARIO Lamp work Factory」のガラスアクセサリー

職人の手仕事が生み出す匠のギフトを紹介していく本連載。今回は、「HARIO Lamp work Factory(ハリオ ランプワーク ファクトリー)」をインタビューしました。ここは「HARIO(ハリオ)」という老舗ガラスメーカーが手がけた、ガラスアクセサリー専門店です。太陽の光に反射してきらきらと輝くガラスアクセサリー。特別な日を彩るギフトとなりそうです。


しっくりと手に馴染む和紙を贈る。江戸からかみのご祝儀袋

しっくりと手に馴染む和紙を贈る。江戸からかみのご祝儀袋

日本古来より伝わる技術を継承する職人達。素材にこだわり、ひとつひとつ丁寧に、職人の技術によって生み出される工芸はまさに国が誇る逸品です。今回は、ふすま紙や壁紙に使用される「江戸からかみ」を作る唐紙師(からかみし)にインタビュー。中国・唐より渡り、平安時代から伝わる「江戸からかみ」の至極の逸品ギフトをご紹介いたします。


浅草土産のニューカマー 華やかな和柄のうちわ飴

浅草土産のニューカマー 華やかな和柄のうちわ飴

日本古来より受け継がれる伝統の技術で匠の逸品をつくる職人たち。今回ご紹介するのは、僅かな時間で命を吹き込んだような飴細工をつくることで有名な「浅草 飴細工 アメシン」。伝統工芸と呼べるアメシンの飴細工に、実は気軽に贈ることのできる飴細工があるのはご存知ですか?今回は、夏はもちろん一年を通して喜ばれるギフトにぴったりな飴細工をご紹介いたします。


最新の投稿


震えるほどロマンチックなゴールドリング。クリスチャン ディオール「Oui(ウィ)コレクション」

震えるほどロマンチックなゴールドリング。クリスチャン ディオール「Oui(ウィ)コレクション」

こんにちは。皆さんに旬のギフト情報をいち早くお伝えするギフト総研です。今回は、クリスチャン ディオール「Oui(ウィ)コレクション」 をご紹介します!


ホワイトデーのお返し、高校生にはこれが人気!本命・友達・義理チョコにおすすめ20選

ホワイトデーのお返し、高校生にはこれが人気!本命・友達・義理チョコにおすすめ20選

普段は出来ない告白を思い切ってできるバレンタインデーから1ヶ月。ホワイトデーは、告白の返事を返す大切な日です。照れくさくてまっすぐ伝えられない思いや、できるだけ傷つけたくはないけれど友達でいたい時は、お返しのスイーツに気持ちを託しましょう。ホワイトデーのお返しに選ばれるお菓子には、それぞれ意味があると言われています。まずは意味をチェックし、返事の内容に合わせて選べるよう、それぞれおおすすめのスイーツをご紹介。そしてお菓子以外のお返しを、と思っていらっしゃる方用に、雑貨編もあります。どれも、おしゃれで美味しいスイーツや、女の子の喜ぶ雑貨ばかり。本命、義理、友チョコへのお返しには、みんなの話題になるような素敵なお返しを贈りましょう。


イベント続きの冬こそ、体にも心にも優しい贈り物を…!

イベント続きの冬こそ、体にも心にも優しい贈り物を…!

ディライテッド株式会社代表取締役CEOを務める橋本真里子さんに、おもてなし術を学ぶ本連載。これまで、上場企業5社以上で受付をご経験された橋本さん。1日平均500人、月間10,000人、延べ120万人もの接客経験を通して確立した独自のノウハウを活かし、2017年にディライテッド株式会社を設立し、翌年にクラウド受付システム”RECEPTIONIST(レセプショニスト)”をリリース。そんな圧倒的なコミュニケーション力と接遇力を身につけていらっしゃる橋本さんに、今回は、寒い冬だからこそ心に、体に優しい贈り物をテーマに2つのおすすめギフトをお伺いしました。


ホワイトデーの職場用お返し16選!2,000円以下の素敵なギフト&マナー

ホワイトデーの職場用お返し16選!2,000円以下の素敵なギフト&マナー

2020年のホワイトデー、職場へのお返しはお決まりですか?今年の3月14日は土曜日!本命彼女へのお返しだけではなく、職場用の義理返しも忘れずに準備しておきましょう。こちらでは、個別に贈るお返しから大人数にまとめて渡せるギフトまで、ホワイトデーにおすすめな商品を16選ご紹介します。マナーなどおさえておきたいポイントも解説していますので、ぜひあらかじめチェックしてみてください。そしてホワイトデーのお返しが「ちょっと気恥ずかしい…」という男性もご安心を。昔懐かしいお菓子や、デスクにちょこんと置いておけるプチギフトも取り上げています。女性から女性へ贈るのもアリですね。300円~2,000円前後でご予算に合うお返しを見つけましょう!


おっとり可愛い春のギフト。アフタヌーンティー・ティールーム「利光春華 コラボレーションギフトアイテム」

おっとり可愛い春のギフト。アフタヌーンティー・ティールーム「利光春華 コラボレーションギフトアイテム」

こんにちは。皆さんに旬のギフト情報をいち早くお伝えするギフト総研です。今回は、アフタヌーンティー・ティールーム「利光春華 コラボレーションギフトアイテム」をご紹介します!