手土産は身近なもの。だからこそ見つけたい、生活を豊かにする地元のスイーツショップ

手土産は身近なもの。だからこそ見つけたい、生活を豊かにする地元のスイーツショップ

ディライテッド株式会社代表取締役CEOを務める橋本真里子さんに、おもてなし術を学ぶ本連載。これまで、上場企業5社以上で受付をご経験された橋本さん。1日平均500人、月間10,000人、延べ120万人もの接客経験を通して確立した独自のノウハウを活かし、2017年にディライテッド株式会社を設立し、翌年にクラウド受付システム”RECEPTIONIST(レセプショニスト)”をリリース。そんな圧倒的なコミュニケーション力と接遇力を身につけていらっしゃる橋本さんに、今回は地元の身近な手土産をテーマにおすすめな理由や商品を語っていただきました。


気づけば秋めいた季節になってきましたね。秋といえば、「◯◯の秋!」と言われるほど、いろんな活動をするに適した気持ちのいい季節です。◯◯に当てはまるのはみなさまそれぞれお持ちだと思いますが、ここに「食欲!」と入る人は少なくないのではないでしょうか。

その一人が私です(笑)
そこで今回は、贈る相手だけでなく、自分自身の生活も豊かにする「地元のスイーツショップ」に改めて注目してみては!?というお話しをさせていただきたいと思います。

みなさんの地元や近所にケーキ屋さんや和菓子屋さんなどはありますか?

住んでいるところや出身地関係なく、「ずっとあそこのケーキを食べて育ったな」と思うようなお店があると思います。私はそんな地元に根付いたスイーツショップが大好きです。

どれくらい大好きかというと、アポ先で気になるスイーツショップがあると、帰り道に寄らずには入られません(笑)

この前も、たまたま通りがかった和菓子屋さんに並んでいるいちご大福を見つけ、購入しました。後々調べてみると、実はいちご大福発祥のお店でした!

こんな風に地元密着型のお店は、その場に行かないとなかなか購入ができません。

スイーツや手土産を準備するときに一番に頭に浮かぶ購入場所はデパートや百貨店という方が多いと思います。しかし、デパートで買えるスイーツは言ってしまうと「誰でも買える」「みんな知っている」というものがほとんどです。しかし、地元にあるケーキ屋さんは誰でも知っているわけでもないですし、いつでも買いに行けるわけでもないと思います。実はそんな魅力がある地元のスイーツショップ。具体的にどんな効果をもたらすのでしょうか。

地元の手土産を渡すことで…

会話を広げたり、共通の話題を見るけるきっかけに一役買うことがあります。

仕事中、なかなか「どこに住んでいるのですか?」や「私はどこどこに住んでいて…」なんてお話しは自然とは生まれにくいと思います。

プライベートな情報でもあるので、触れていいのかどうか悩ましい話題ではあるものの、そこから共通項が生まれると一気に親近感が生まれたりするのが、共通の話題の効果なんです。例えば、初めてお会いした方の地元が一緒だったときに爆発的にテンション上がった経験はありませんか?(笑)それだけでなぜだか親近感が湧いたりするものです。

そんなきっかけを作ってくれるのが手土産の役割だったりすると思います。それを受け取った側も、渡し手が自分のことを思い、地元から手土産を準備してくれたのかと感じることは嬉しいと思います。

近所の「行きつけ」スイーツショップを作ることは…

手土産の時にはもちろん重宝すると思いますが、何より自分の生活を豊かにすると思っています。

私は多分、ほぼ毎日何かしらのスイーツを食べていると思います。地元にあるケーキ屋さんは毎週末行っています(笑)

1週間頑張った自分へのご褒美だったり、遊びに来てくれる友人と一緒に美味しいものを食べる喜びをもらったりしています。小さい頃はスイーツがそこまで身近ではなかったように思っています。

今はその頃に比べて、スイーツ自体の種類も増え、確実に身近なものになって来ていると思います。
「ケーキはお誕生日やクリスマスに食べるもの」という考えもあるかと思いますが、私は日常的にスイーツに触れることで、自分の生活の充実度やモチベーションを上げることができると思います。

・ちょっと今日は疲れたから甘いものを…

・今日は仕事でいいことがあったから、自分にご褒美を…

・毎日頑張っている家族にお土産を…。

さりげなく日常に癒しや喜びを添えるお手伝いをしてくれるのが、まさに地元のお店ならではの寄り添い方ではないでしょうか。

そんな私が紹介したい、地元のスイーツショップは!?

渋谷区鶯谷町にあるTHE BAKEさん。

私が毎週末と言っても過言ではないほど通っているお店です。ケーキだけでなく焼き菓子も充実しており、弊社のセミナーなどで登壇いただいた方にお礼でお渡ししたりもしています。

それぞれの焼き菓子が小包装になっているので、会社などでもみなさんで分けて食べていただきやすく、予算に応じて詰めてくれるので、ビジネスシーンでも非常に重宝しています。

またケーキも絶品です。小さいケーキは日常遣いに。大きなケーキも対応してくださるので、弊社のお祝いケーキをお願いさせていただくことも多々あります。

こう言ったオリジナリティはデパートなどのスイーツショップでは対応が難しいかと思いますが、地元のお店だからこそ対応できるのも魅力の一つだと思います。またグルテンフリーのクッキーも提供していたり、「意識が高い」方への贈り物の対応も可能です。

地元で買える手軽さが心地よい!

身近にあるからこそ、手土産以外のシーンでも活躍するわけです。 送られる人も送る人も豊かにする「地元のケーキ屋さん」に改めてフォーカスしてみては?

THE BAKE

〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町7-6磯田ビル1F

関連するキーワード


橋本真里子のおもてなし術

関連する投稿


おうち時間をハッピーに!万人受け間違いなしの「オンラインで完結手土産アイテム」をご紹介

おうち時間をハッピーに!万人受け間違いなしの「オンラインで完結手土産アイテム」をご紹介

株式会社RECEPTIONIST代表取締役CEOを務める橋本真里子さんに、おもてなし術を学ぶ本連載。これまで、上場企業5社以上で受付をご経験された橋本さん。1日平均500人、月間10,000人、延べ120万人もの接客経験を通して確立した独自のノウハウを活かし、2017年にディライテッド株式会社を設立し、翌年にクラウド受付システム”RECEPTIONIST(レセプショニスト)”をリリース。圧倒的なコミュニケーション力と接遇力を身につけていらっしゃる橋本さんに、今回は、感謝や謝意を伝えるシーンで"うまく言葉にできないあなたの気持ち"を後押ししてくれる、そんな魅力的なギフトをお伺いしました。


うまく伝えきれない[感謝やごめんね]には、気持ちのこもった手土産を添えて

うまく伝えきれない[感謝やごめんね]には、気持ちのこもった手土産を添えて

株式会社RECEPTIONIST代表取締役CEOを務める橋本真里子さんに、おもてなし術を学ぶ本連載。これまで、上場企業5社以上で受付をご経験された橋本さん。1日平均500人、月間10,000人、延べ120万人もの接客経験を通して確立した独自のノウハウを活かし、2017年にディライテッド株式会社を設立し、翌年にクラウド受付システム”RECEPTIONIST(レセプショニスト)”をリリース。圧倒的なコミュニケーション力と接遇力を身につけていらっしゃる橋本さんに、今回は、感謝や謝意を伝えるシーンで"うまく言葉にできないあなたの気持ち"を後押ししてくれる、そんな魅力的なギフトをお伺いしました。


イベント続きの冬こそ、体にも心にも優しい贈り物を…!

イベント続きの冬こそ、体にも心にも優しい贈り物を…!

ディライテッド株式会社代表取締役CEOを務める橋本真里子さんに、おもてなし術を学ぶ本連載。これまで、上場企業5社以上で受付をご経験された橋本さん。1日平均500人、月間10,000人、延べ120万人もの接客経験を通して確立した独自のノウハウを活かし、2017年にディライテッド株式会社を設立し、翌年にクラウド受付システム”RECEPTIONIST(レセプショニスト)”をリリース。そんな圧倒的なコミュニケーション力と接遇力を身につけていらっしゃる橋本さんに、今回は、寒い冬だからこそ心に、体に優しい贈り物をテーマに2つのおすすめギフトをお伺いしました。


「お返しは早く!いただいたお礼はその日のうちに返そう!」忘れがちなお返しを防ぐ、常に常備しておく手土産術。

「お返しは早く!いただいたお礼はその日のうちに返そう!」忘れがちなお返しを防ぐ、常に常備しておく手土産術。

ディライテッド株式会社代表取締役CEOを務める橋本真里子さんに、おもてなし術を学ぶ本連載。これまで、上場企業5社以上で受付をご経験された橋本さん。1日平均500人、月間10,000人、延べ120万人もの接客経験を通して確立した独自のノウハウを活かし、2017年にディライテッド株式会社を設立し、翌年にクラウド受付システム”RECEPTIONIST(レセプショニスト)”をリリース。そんな圧倒的なコミュニケーション力と接遇力を身につけていらっしゃる橋本さんに、今回は、不意なタイミングでいただいた贈り物や、忙しい年末のお歳暮への素敵なおもてなし術をお伺いしました。


海外からのお土産。外さないセレクトとは…!?

海外からのお土産。外さないセレクトとは…!?

ディライテッド株式会社代表取締役CEOを務める橋本真里子さんに、おもてなし術を学ぶ本連載。これまで、上場企業5社以上で受付をご経験された橋本さん。1日平均500人、月間10,000人、延べ120万人もの接客経験を通して確立した独自のノウハウを活かし、2017年にディライテッド株式会社を設立し、翌年にクラウド受付システム”RECEPTIONIST(レセプショニスト)”をリリース。そんな圧倒的なコミュニケーション力と接遇力を身につけていらっしゃる橋本さんに、今回は起業後初めての海外旅行に行かれたことをきっかけに「海外のお土産の品」をテーマに実際に購入した商品をもとに語っていただきました。


最新の投稿


敬老の日のプレゼントは「日用品」がおすすめ!生活に寄り添う実用的な便利グッズ厳選18選

敬老の日のプレゼントは「日用品」がおすすめ!生活に寄り添う実用的な便利グッズ厳選18選

敬老の日に贈るプレゼントをお探しですか?大切なおじいちゃん・おばあちゃんへの贈りものは、便利な「日用品」がおすすめです。家事グッズやインテリア雑貨、健康グッズなどなど。実用的な日用品を贈れば、日々役立ててもらえるでしょう。こちらの記事では暮らしに役立つ日用品のギフト特集をお届けします!プレゼント向きのおしゃれなアイテムを取り上げました。2020年の敬老の日に向けて、ぜひチェックしてみてくださいね。


北海道産生クリームの美味しさにうっとり! グッドモーニングテーブル「ジャージーミルクバーガー」

北海道産生クリームの美味しさにうっとり! グッドモーニングテーブル「ジャージーミルクバーガー」

こんにちは。皆さんに旬のギフト情報をいち早くお伝えするギフト総研です。今回は、グッドモーニングテーブル「ジャージーミルクバーガー」をご紹介します!


敬老の日にはお菓子をプレゼント!納得の王道和菓子におしゃれなNEWスイーツ19選

敬老の日にはお菓子をプレゼント!納得の王道和菓子におしゃれなNEWスイーツ19選

敬老の日にはお菓子をプレゼントしてみませんか?美味しいお菓子を食べると、誰でもホッと心が和みますよね。大切なおじいちゃん、おばあちゃんにお菓子をプレゼントして、スイートなひと時を過ごしてもらいましょう。それでは敬老の日のプレゼントにぴったりなお菓子をご紹介します。和菓子、洋菓子、スイーツのギフトセットなどなど。幅広いジャンルのお菓子を取り上げました。どれも贈り物にふさわしい、おしゃれでスペシャルなものばかり。さらに、巻末ではお菓子を贈る際のマナーも解説。とっておきのお菓子を贈って、ぜひ日頃の感謝を伝えてくださいね。


敬老の日には健康グッズを!”元気でいてね”の思いを込めて贈るプレゼント21選

敬老の日には健康グッズを!”元気でいてね”の思いを込めて贈るプレゼント21選

お年寄りを敬い、長寿を祝う敬老の日。ずっと元気でいて欲しい、おじいちゃん、おばあちゃんに今年は健康グッズをプレゼントしてみませんか。血圧計などの健康器具は体調を気遣う思いやりの贈り物。敬老の日にピッタリですね。健康器具といえば、手軽なものからヘルスケア家電など幅広く揃います。それに、おじいちゃんにもおばあちゃんにも男女を問わず使ってもらえるのがポイント。敬老の日ギフトにお迷いの方に打ってつけのジャンルではないでしょうか。今回は敬老の日におすすめの健康グッズをランキング形式でご紹介します!2020年の敬老の日に贈るプレゼント、ぜひこちらの記事で見つけてくださいね。


お米をプレゼントするのはどんな時?タイプ別お米ギフト15選

お米をプレゼントするのはどんな時?タイプ別お米ギフト15選

内祝いや新築祝い、結婚式から引っ越しの挨拶まで、あらゆる場面でお米のギフトは重宝します。「米」は末広がりの「八」の字から縁起物とされ、稲穂がたわわに実る様子からは子孫繁栄の意味合いが込められることも。大切な人の幸せを願って贈り物をするにはピッタリのプレゼントですね。また、予算に応じて商品を選べるのもお米ギフトの魅力。「お米は毎日食べるものだから、心を込めてプレゼントしたい!」そんな思いに応えられる品々を用途別にご紹介していきます。