知っていますか?お中元の意味と贈る時の「マナー」とは?

知っていますか?お中元の意味と贈る時の「マナー」とは?

お中元をこれから始めようとしている方にオススメの、「お中元とはなんぞや」という疑問の答えがここにあります!なぜお中元を贈るのか?贈るときに気を付けなければいけないことは何なのか?をご紹介します!


押さえておきたい!お中元の意味と贈り方!

夏に行われる贈答の風習として知られている「お中元」。地域によって多少の違いはあるものの、お歳暮とセットで贈っている方も多いでしょう。

これからお中元を贈り始めようと考えている方や、そういえばいつも贈っているけれどお中元ってよく知らないという方は読んでみてください!

知っていますか?「お中元」とは?

お中元とは、「夏に贈る贈答品」のことです。暑さによる健康状態を気遣うとともに、1月から半年間お世話になったお礼を込めて品物を贈る風習です。

では、具体的にいつ頃、どんなものを贈ればよいのでしょう。今後、末永いお付き合いをしていく方との付き合い方のひとつとして、心得ておきましょう。

お中元の由来と意味とは

お中元は、贈る時期が違うだけで、基本的には「お歳暮」と同じ意味合いで使われます。お中元は「半年間お世話になったお礼」と「暑さと相手の体調を気遣う」目的で贈る品です。

日本の風習の中ではお中元は「お盆」の時期と重なるため、お中元を「盆礼(ぼんれい)」や「盆供(ぼんく=お盆のお供えものという意味)」と呼ぶこともあります。

地域で異なるお中元を贈る時期とは

お盆に「新暦・旧暦」という1ヶ月の違いがあるように、お中元の時期も地域によって異なります。

相手の方の地域が「新暦のお盆(7/15)」なのか「旧暦のお盆(8/15)」なのかによって贈る時期が1ヶ月ほどずれますので注意しましょう。

新暦のお盆の場合は7月初めから7/15まで、旧暦のお盆の場合は7月下旬~8/15までに贈ります。

お中元とお歳暮の両方を贈らなければいけないの?

これは見解が分かれるところですが、「お中元」を贈るのであれば、「お歳暮」も贈るべきでしょう。

お中元もお歳暮も「お世話になったお礼」として贈るものですが、お中元は半年間お世話になったお礼の意味合いが、お歳暮は1年間お世話になったお礼という意味があるので、お中元を贈らずにお歳暮だけ贈ることは失礼になりません。

今回1度だけ贈るのであれば「お中元」ではなく「御礼」として贈りましょう。また、1度贈り始めたお中元をやめる場合はやめ方にも注意が必要です。

お中元をやめるときのマナーについてはコチラ

確認しておこう!お中元を贈る「相手」とは?

相手に感謝を伝えるのがお中元と言われても、「どんな人に贈るべきなのか」を迷う人も多いですよね。お世話になった人に、と言われてもある程度のところで線引きをしないと贈る相手が膨大になってしまいます。

お中元を贈るべき人と贈らなくても良い人の境界を確認してみましょう。

継続的にお付き合いする相手であること

会社関係(上司や取引先)や親戚など、継続的にお付き合いする方には、お中元を贈るべきとされています。しかし最近では「今後、お気遣いは無用に願います」といったお断りをいただいたくこともあるようです。

お中元はいただいたほうも気を遣うことがあるので、どうしても感謝の気持ちを伝えたいのであればお中元よりも気を使わない「御礼」として贈ることをオススメします。

相手の嗜好や家族構成などの情報を掴んでいること

これは重要なポイントです。お酒が苦手なのにビールをいただいたり、独身なのに家族向けの量が多い品をいただくなど、受け取った側が品物の処理に困ることもあります。

お礼の品といえども、「相手の立場」を考えるのは重要なこと。相手の最新情報が更新できないような関係であれば、お中元は避けたほうが良いかもしれません。

政治家や公務員ではないこと

政治家であれば「公職選挙法」、公務員であれば「倫理規定」に抵触する恐れがあります。これは自分と利害関係のある人(有権者や取引相手など)との賄賂とみなされる可能性があるためです。

最近では外資系や民間企業でも、「パワハラの温床になる」「贔屓(ひいき)が生まれる」「個人の負担が大きい」などの理由から禁止しているところが増えてきました。

押さえておきたい!お中元で贈る品物の選び方とは?

お中元に定番の品というものはありますが、「感謝・お礼の気持ち」を表すものなので、あなたの感性で選びましょう。

何を贈ったら良いか分からないとき、まずは自分が考える「夏の暑さを乗り切れるもの」「涼しくなれるもの」を基準に品物を選んでみましょう。

お中元で贈る品物を選ぶ時の心遣いとは

お中元は夏の暑い盛りに贈るものなので、まずは「涼しくなれるもの」を探してみましょう。

そうめん、ビール、水ようかん、ゼリー、アイスクリームなど、いろいろありますね。それらの中から、受け取る方の年齢や家族構成、嗜好を考えるとだんだんに品物が絞れてくるはずです。

金額ではなく「気持ち」を届けるものなので、あまり高額になるものは避けましょう。翌年以降が大変になってしまいますよ!

お中元で贈ってはいけない品物とは

お中元として贈ってはいけない品物もあります。「語呂合わせの悪いもの」や「(花言葉など)良くない意味を持つもの」、そして「身に着けるもの」や「金券」です。

語呂合わせの悪いものは「4(死)」や「9(苦)」を連想させるものの事です。櫛や刃物(縁が切れる)などがあります。

良くない意味を持つものは「花言葉」やハンカチ(和名は手巾=てきれと言い、「手切れ」に通じる)などがあります。

身に着けるものや金券は、特に目上の人にはNGです。靴下や靴は「(相手を)踏みつける」、金券は「お金のない人」、肌着などは「(着るものに困るほど貧乏なので)恵んであげる」という意味が含まれるためです。

相手によって異なる「贈る品物」の金額の目安とは

関連するキーワード


年中行事

関連する投稿


日本の美しい風習「お年賀」!そのマナーとお年賀の品物を徹底解説

日本の美しい風習「お年賀」!そのマナーとお年賀の品物を徹底解説

新年のご挨拶、お世話になっている方へお年賀を持参していますか?なんとなく菓子折りを持って行っているけど・・・という方へ、お年賀の由来やマナーについて、詳しくご説明していきます!


間違えると大変「寒中見舞いはがきの種類」!その選び方を徹底解説

間違えると大変「寒中見舞いはがきの種類」!その選び方を徹底解説

寒中見舞いはちょっと特殊なお便りです。普通のお便りとどこがどう違うのか、どんなはがきで出せばよいのか、といった小さな疑問を解決し、次の冬は寒中見舞いを出せるようになりませんか?


「寒中見舞いハガキ」を手軽に準備!おすすめサイトを詳しく紹介

「寒中見舞いハガキ」を手軽に準備!おすすめサイトを詳しく紹介

寒中見舞いはがきを出したい……そう考えた時、あなたはどうやって準備しますか?実はネットを利用することで、簡単手軽に寒中見舞いはがきを出すことができます。その具体的な方法を知っておきましょう。


喪中の礼儀に役立つ「寒中見舞い」!ケース別の例文と基本マナーを徹底解説

喪中の礼儀に役立つ「寒中見舞い」!ケース別の例文と基本マナーを徹底解説

喪中は年賀状も控えるもの、でも挨拶はしておきたい。そういった場合は寒中見舞いを活用しましょう。自分が喪中の場合でも、相手が喪中の場合でも出すことができる寒中見舞いはとっても活用幅の広いお手紙なのです!


お歳暮のお礼状の書き方は?5つのマナーと7ケース別の構成をご紹介

お歳暮のお礼状の書き方は?5つのマナーと7ケース別の構成をご紹介

お歳暮のお礼状は、相手に合わせて内容を変える必要があります。しかし基本を覚えていれば、どんな状況になってもサラッとお礼状が書けるようになりますよ!


最新の投稿


チョコだけじゃない!バレンタインに贈りたいおすすめラスク10選

チョコだけじゃない!バレンタインに贈りたいおすすめラスク10選

バレンタインに贈るプレゼントといえば、やっぱりチョコレートが定番。しかし、たまには視点を変えて「ラスク」を贈ってみるのもおもしろい。チョコレートよりも甘さ控えめなものが多く、見た目もおしゃれ。きっと男性にも喜ばれるプレゼントになるでしょう。


[記念日プレゼント]高校生の彼女へ贈りたい♪おすすめアイテム10選

[記念日プレゼント]高校生の彼女へ贈りたい♪おすすめアイテム10選

彼女に贈る記念日のプレゼント選びは、彼氏にとって重大なイベントの1つ。高校生の彼女となると、流行やオシャレに最も敏感な時期なのでチョイスミスは避けたいですね。いったいどんなものを贈れば良いのか、今すぐチェック!


子供が喜ぶ誕生日プレゼント♪厳選アイテム10選

子供が喜ぶ誕生日プレゼント♪厳選アイテム10選

大切なわが子の誕生日は親にとっても特別な日ですよね。毎日笑顔をくれる子供へ、「誕生日は何か喜んでくれるプレゼントをあげたい!」と思うのが親心。でも、まだ自分の欲しいものをリクエストできない年齢だと、何を贈れば喜んでくれるのか悩んでしまうことも多いですよね。そこで、性別や年齢等の傾向も踏まえた厳選アイテムを10選ご紹介!


池袋の子連れで楽しむおでかけスポット10選☆子供の満足度が高い施設が充実!

池袋の子連れで楽しむおでかけスポット10選☆子供の満足度が高い施設が充実!

東京のビッグターミナルのひとつ、池袋。会社や学校、デパートや電機店などがひしめき合い、かなりの人で賑わっているエリアですよね。そんなところは小さな子連れで行けない…なんて思っている方は、ぜひこれを読んで、子連れでも池袋にお出かけしてみようかな…という気持ちになってくださいね♡ママもキッズも楽しいスポットをご紹介します。


砂糖不使用のママンの味「木の実のタルトレット」

砂糖不使用のママンの味「木の実のタルトレット」

砂糖不使用・無添加の優しいスイーツ「木の実のタルトレット」。お母さんが子どもに作る手作りおやつのように、優しい甘さはほっこりとした気持ちになれる。パティシエの愛情がたっぷりと詰まった木の実のタルトレットの魅力に迫る。


最近話題のキーワード

MEMOCOで話題のキーワード


誕生日 記念日 お土産 長寿祝い