結婚式で人気の引き出物とは?引き出物の意味や人気の傾向を紹介♪

結婚式の準備、初めてのことばかりな上にマナーやしきたりもいろいろあるようで、何かと大変ですよね。中でも、ゲストにお贈りする「引き出物」選び、何が良いのか迷ってしまうことでしょう。今回は、人気の「引き出物」についてご紹介。「引き出物」の意味や傾向を知った上で参考にしていただけたら嬉しいです。


結婚式で人気の引き出物ってなんだろう?

結婚式でゲストにお持ち帰りいただく「引き出物」。従来、可愛らしい食器などが丈夫な箱に詰め合わせされ、それが大きな紙袋にお菓子などと一緒に入っていることが多かったですね。

時代とともに人気の引き出物の傾向も変わってきたようです。最近はどのようなものが好まれているのか、詳しく見てみたいと思います。

結婚式とは?

そもそも、結婚式とは何を指すのでしょうか?正しくは、夫婦の愛を誓うセレモニー(挙式)が結婚式で、一般にはそのあとにゲストを招待して結婚をお披露目し、食事をしたりするパーティーを催しますが、これを披露宴と言います。

しかし多くの新郎新婦が挙式と披露宴を続けて執り行うため、これをセットで「結婚式」と言っていることが多いようですね。

今後の人生を支えてくれる方への「けじめ」の場

婚姻届を提出すれば、必ずしも結婚式をしなくても結婚自体はできます。しかし、規模や場所は様々ではありますが、昔も今も多くの新郎新婦が結婚式をしています。

やはり結婚は人生の一大イベント。生まれてから今まで、そして今後を支えてくださる方々の前で永遠の愛とこれからしっかりと歩んでいくことを誓うのは、「けじめ」の場として大きな意義があることでしょう。

両親に「感謝」を伝える親孝行の場

そして何と言っても両親のもとから旅立ち、独立した世帯を築いていくにあたり、今まで育ててくれた感謝を伝えることを忘れてはいけません。

感謝を言葉や記念品、家族のイベントなどで伝えることはできるかもしれませんが、やはり結婚式という空間を感じ、二人の美しい姿を見たいものです。そしてその写真を自分の宝物としてだけでなく、知人に見せたいかもしれません。

この一連をご両親への「親孝行の場」として差し上げてはいかがでしょうか?

ゲストに人生の門出を祝福してもらえる日

また、挙式や披露宴を行うことにより、参列くださった多くのゲストに「結婚」という人生の門出を祝福していただけます。準備も大変ですし費用もかかり、気遣いもしなくてはなりませんが、親族や上司、恩師、知人、友人などこんなにもたくさんの方々が自分たちのために集まってくださり、祝福してもらえるなんて、素晴らしいと思いませんか?

引き出物とは?

では、いよいよ「引き出物」についてご説明します。「引き出物」と一言で言っても、みなさんは何を差し上げているのでしょうか?あの大きな袋の中にはいろいろ入っているようですが、その中身をお二人で選ぶことになります。

ゲストへの「お礼」をこめた品

「引き出物」は結婚式へご招待したゲストがくださるご祝儀に対してのお礼の品です。お礼と、感謝と、記念品の意味合いを持ち合わせていると言えるでしょう。

通常は、メインの引き出物とお菓子類(引き菓子)、それにお赤飯やかつお節などの縁起物をつけることが多いですが、その相場は6,000円〜7,000円と言われています。それは、ゲスト一人当たりの飲食費の相場が15,000円〜20,000円であり、その3分の1程度が引き出物の金額の目安とされているからです。

ちなみに、結婚式には来られず別途お祝いをくださった方には「内祝」として品物をお渡しします。つまり「引き出物」というのは、結婚式当日に来られた方の分のみ準備するということですね。

昔は「お土産」としての認識が強かった引き出物

ご祝儀のお礼として贈る「引き出物」ですが、昔はお土産の意味合いが強かったそうです。結婚式に参列した人が帰宅し、留守番をしていた家族と引き出物のお菓子を食べながら結婚式の様子を談笑したり...そんなシーンが多かったみたいですね♡

引き出物のマナーは地域で大きな差が!

ここで注意しないといけないのは、「引き出物」のマナーは地域によって大きな差があるということです。

現代では、“昔からこうであるべき!”というしきたりの存在感が徐々に薄くなり、自由な発想で失礼のないコミュニケーションが取られるようになってきています。しかし、地域によっては譲れないしきたりがあるところも...。

例え新郎新婦が都心に世帯を構えようと、都心で式を挙げようと、出身地のしきたりを取り組まないといけない部分も多々あります。ご祝儀、飲食費、引き出物の金額の相場も上記の一般説とは違ってきますので、ご両親に相談されることをおすすめします。

また、地域ごとのアドバイスなどは式場や、引き出物ギフト取り扱い店でもいただけると思いますので、答えがなくて決めるのに難しいですが、1番良いものをお二人で選んでいただきたいと思います。

お土産の馬を引き出して見せたことが名前の由来

「引き出物」という名前の由来には諸説ありますが、その中の1つ、ちょっと現代では考え難い習が!

平安時代の中頃にはすでに「引き出物」の文化があったそうですが、宴が終わると庭に馬を“引き出し”、参列した人に見せ、お土産としてなんとその馬を差し上げたそうです。そこから「引き出物」という名前になったとも言われていますが、馬をもらって困らない(嬉しい!?)なんて、今の時代では全く想像できないですね。

引き出物選びのポイントとは?

続いて、「引き出物」を選ぶ際のポイントです。これをもらったら嬉しいかな?使うかな?...逆に、持ち帰りが大変かな?困るかな?...と立場を変えて考えてみればあまり難しくないかもしれません。

それでも普段あまり接点がない親族などのライフスタイルまではなかなかわからないので、一般的に受け入れられるポイントを押さえながら選んで行きましょう。

持ち帰りしやすくかさばらない物

昔は、大きくて重いものを差し上げるのが良いような風習もありました。幸せがいっぱい入っているという解釈もありますが、豪華に見せたいという想いもあったことでしょう。今でもその名残がある地域は存在しますが、しかしながら“持ち帰りやすいもの”が圧倒的に好まれるようになりました。

式場と自宅間を車で直接行き来するケースは、地方ではあるかもしれませんが街中の式場では稀ですので、公共交通機関に乗って帰る際に重すぎず、大きすぎないものが良いでしょう。特に地方から来られる親族が多い場合には、宿泊の荷物があったり年配者が多かったりしますので、重くなくてコンパクトなものを選ぶように心がけましょう。

置き場に困らない消耗品♪

そして自宅に持ち帰ったあとに置き場や収納に困るものも控えましょう。オシャレな食器でも普段使いではなく、置いておこうにも箱が大きくて場所がない!または、素敵な置き時計だけど飾る場所がない!など受け取った方が“困る”という事態を招かないようにしたいものです。

細かいアドバイスになりますが、素敵な食器でも持ち手が長かったり特殊な出っ張りがあるために他のものと重ねられず、食器棚に収納出来ず...ということもあります。

普段使いできるもの

記念品という意味合いもあり、二人でこだわって選んでいるうちにだんだんと個性的なものや特殊なものになていってしまうことがあります。

開けた時のサプライズは嬉しいしお二人のセンスも伝わるかもしれませんが、いざ使うとなると案外使い勝手が悪かったり....。結局は普段使いできれば「使えるものをくださったね♡」という印象が残り、喜んでいただけるのです。

人気の引き出物の傾向をリサーチ♪

最後に、人気の引き出物の傾向を見てみましょう♪“人気”ということは、多くの新郎新婦が選んでいるということで、どこかありふれているのではないか...と思われるかもしれません。しかし、もらった方が嬉しいという声があるゆえに人気の引き出物となっているわけですので、是非参考になさってください。

「選ぶ楽しみ」もセットのカタログギフトは大人気♪

カタログギフトは今や定番の引き出物になりました。新郎新婦が選んでいないように思えるかもしれませんが、今ではカタログの種類も豊富にあり、ゲストにあったカタログを選んで差し上げることもできます。

一人暮らしの若い方から、大家族の人、年配の人....それぞれがご自分の欲しいものを楽しく選んで注文できるカタログギフトは、もらって嬉しい引き出物としても上位ランクイン!そしてゲストごとに“贈り分け”をする場合でも包装後の体裁が同じなので、金額に差があっても見た目に差がないというのも大きなメリットです。

家族で楽しめる「美味しい物」

やはり美味しいものを頂くのは幸せ♡ですよね。普段は買わないちょっと良いものや高級なものなどをもらって家族で楽しんで頂く...きっと召し上がりながら結婚式の話も出ることでしょう♪

自分では買わないけれどあったら嬉しい物

“自分では買わない”というのがポイントです!ちょっと贅沢品に感じるから買わないでいたり、そもそもそれを思いつかなかったりするものを突然いただいたら嬉しいですよね?

例えば健康管理のちょっとした器具、あったら便利な調理器具、普段の生活がちょっぴり活気付くものを考えてみてください。品物自体に特徴があるので、インパクト大です!

ちょっぴり贅沢気分が味わえるもの

上の項目と似ていますが、普段の生活にちょっぴりプレミアムな風が吹くものも喜ばれます。ゲストのライフスタイルによって変わってきますので贈り分けが必要になるかもしれませんが、もらった方が幸せな気分になるのは、お二人にとっても最高の喜びだと思います。

最高に肌さわりが良いタオル、とっても上質で使いやすいスプーンや箸...時間はかかりますがお二人でじっくり探してみてください。

実用性のあるもの

迷った時は、前出のカタログギフトか、品物を贈るのであればやはり実用性のあるものがおすすめです。必ず使うものであれば、もらった人はその分を買わなくて済むのですから嬉しく感じることでしょう。

あまり重くない普段使いの小鉢や小皿など、ある程度の消耗品であってもお礼と感謝の気持ちを込めて選べば絶対喜んでいただけることでしょう。

人気の引き出物でゲストにおもてなしを!

全てのゲストに喜んで頂く「引き出物」を選ぶことはかなり大変です。でも、人気のカタログギフトや、人気の品物のポイントを参考に“贈り分け”をすれば、きっとお二人の想いが伝わり喜んでいただけることと思います。

お礼と感謝の気持ちを忘れずに、じっくり選んでくださいね。

関連する投稿


本命に贈るホワイトデーのお返しはコレ!形に残る品&消耗品ギフト21選

本命に贈るホワイトデーのお返しはコレ!形に残る品&消耗品ギフト21選

本命チョコをもらったら、ホワイトデーはその想いに対して精一杯のお返しをしたいもの。とはいえ、高価なものやブランド品を選ばなければいけない...ということではなく、大切なのはどれだけそのギフトに気持ちを込められるか、ということです。そこでもうすぐやってくるホワイトデーで「お返しは何がいいかな...」「プレゼントに思いを込めたいな」など頭を悩ませている男性に、おすすめのギフトをご紹介。お付き合い中の彼女や、お返しを待つ女性の気持ちに応えられるギフト選びを、お手伝いさせて下さいね。


ホワイトデーに会社で喜ばれるお返し!センスの良さと心遣いが光る19選

ホワイトデーに会社で喜ばれるお返し!センスの良さと心遣いが光る19選

まもなく迎えるホワイトデー。会社の同僚や上司、先輩や後輩の女性社員へ贈るお返しはお決まりですか?バレンタインデーの義理チョコ返しでも、やはりセンスの良いアイテムを選びたいですよね。そこで今回は、日頃の感謝の気持ちが伝わり、相手に好印象を残せるおしゃれなホワイトデーのお返しを予算別にご紹介。高級ブランドの上質な逸品や特別感のあるプチギフト、大人数向けの個包装タイプなど幅広く網羅しました。お菓子以外の褒められギフトもリストアップしています。「職場向けのお返しを、いつもなんとなく選びがち」という男性は、ぜひ参考にしてください。


男性にちょっとしたプレゼントを贈ろう!1,000円前後の贈り物15選

男性にちょっとしたプレゼントを贈ろう!1,000円前後の贈り物15選

男性からプレゼントをもらった時のお返しや、職場の送別会など、気の利いたおしゃれなプレゼントを贈ると喜ばれますね!あまり高価なものではなく1,000円前後の贈り物がベスト。そこで、今回はさまざまなジャンルのおすすめプレゼントを選んでみました!相手に喜ばれて、気兼ねなく受け取ってもらえるプレゼントを15選ご紹介します。


社長へ贈る誕生日おすすめプレゼント!センス抜群、心から喜んでもらえるオシャレな15選

社長へ贈る誕生日おすすめプレゼント!センス抜群、心から喜んでもらえるオシャレな15選

お世話になっている社長や上司の誕生日や記念日。プレゼントを用意したいけれど一体何を選んだら喜んでもらえるのか…。と悩んでいる方へMEMOCOが厳選したギフト、センスが良くて本当に気に入って使ってもらえるプレゼントをご紹介します。社長と言っても、男性女性、そして今は学生で起業する方もいる時代。年配の方とは限りませんね。30代、40代、50代…どの年代の方でもOK。性別、年齢問わず喜んで頂ける商品も多数ピックアップしました。責任のある立場、忙しく、心身ともにお疲れの方にピッタリな癒しのアイテムも思いやりのあるプレゼントになりますよ。何でも持っている社長達へ贈る最高の誕生日プレゼント選びをお手伝いします。


先生へのプレゼント!感謝が伝わる卒園・卒業の人気ギフトおすすめ24選

先生へのプレゼント!感謝が伝わる卒園・卒業の人気ギフトおすすめ24選

春の訪れとともに近づく卒園、卒業シーズン。お世話になった先生へ感謝を込めてプレゼントを贈りたい、と考えている方も多いことでしょう。優しく、時には厳しく指導してくださった先生との思い出は特別なもの。特に今は、感染症の対策で、先生の負担はどんどん増えています。日々、状況によって部活ができなくなったり、修学旅行が中止になったりと、ご苦労は計り知れません。そんな先生とのお別れに、生徒みんなで心をこめて贈るギフト。先生にきっと喜んでいただけるアイディアや人気アイテムを厳選しました。[幼稚園][小学校][中学校・高校][大学]4つのシーンに分けてご紹介します。


最新の投稿


本命に贈るホワイトデーのお返しはコレ!形に残る品&消耗品ギフト21選

本命に贈るホワイトデーのお返しはコレ!形に残る品&消耗品ギフト21選

本命チョコをもらったら、ホワイトデーはその想いに対して精一杯のお返しをしたいもの。とはいえ、高価なものやブランド品を選ばなければいけない...ということではなく、大切なのはどれだけそのギフトに気持ちを込められるか、ということです。そこでもうすぐやってくるホワイトデーで「お返しは何がいいかな...」「プレゼントに思いを込めたいな」など頭を悩ませている男性に、おすすめのギフトをご紹介。お付き合い中の彼女や、お返しを待つ女性の気持ちに応えられるギフト選びを、お手伝いさせて下さいね。


おしゃれなペアマグカップ|プレゼントにも最適なおすすめ17選

おしゃれなペアマグカップ|プレゼントにも最適なおすすめ17選

おしゃれなペアマグカップが欲しい!そんなあなたのために、おすすめ商品をご紹介。大切な人とお揃いで使うペマグカップは、デザインや使い勝手にこだわって選びたいですよね。幅広いペアマグカップを網羅した本記事を読めば、あなたにぴったりのアイテムが見つかりますよ。結婚祝い、結婚記念日など、カップルのプレゼントに最適な商品も掲載。ギフト選びにもきっと役立ちます。ぜひ最後までチェックしてみてください。


ホワイトデーに会社で喜ばれるお返し!センスの良さと心遣いが光る19選

ホワイトデーに会社で喜ばれるお返し!センスの良さと心遣いが光る19選

まもなく迎えるホワイトデー。会社の同僚や上司、先輩や後輩の女性社員へ贈るお返しはお決まりですか?バレンタインデーの義理チョコ返しでも、やはりセンスの良いアイテムを選びたいですよね。そこで今回は、日頃の感謝の気持ちが伝わり、相手に好印象を残せるおしゃれなホワイトデーのお返しを予算別にご紹介。高級ブランドの上質な逸品や特別感のあるプチギフト、大人数向けの個包装タイプなど幅広く網羅しました。お菓子以外の褒められギフトもリストアップしています。「職場向けのお返しを、いつもなんとなく選びがち」という男性は、ぜひ参考にしてください。


ホワイトデーのお返しチョコ!本命&義理に贈るおすすめ23選【2023年最新版】

ホワイトデーのお返しチョコ!本命&義理に贈るおすすめ23選【2023年最新版】

バレンタインデーのお返しはもう決まりましたか?クッキーやキャンディ、マシュマロなど様々なスイーツがありますが、チョコレートのお返しはやっぱり嬉しいものです。そこで今回は、女性が喜ぶチョコレートギフトをシーン別にご紹介。彼女や妻への本命チョコや有名ブランドはもちろん、会社の女性社員に贈る義理チョコも幅広く網羅しています。ホワイトデーのお返しチョコの平均相場や喜ばれるポイントについても解説しています。見た目も味も抜群の最新チョコギフトで、ホワイトデーにありがとうの気持ちをスマートに届けましょう。


男性にちょっとしたプレゼントを贈ろう!1,000円前後の贈り物15選

男性にちょっとしたプレゼントを贈ろう!1,000円前後の贈り物15選

男性からプレゼントをもらった時のお返しや、職場の送別会など、気の利いたおしゃれなプレゼントを贈ると喜ばれますね!あまり高価なものではなく1,000円前後の贈り物がベスト。そこで、今回はさまざまなジャンルのおすすめプレゼントを選んでみました!相手に喜ばれて、気兼ねなく受け取ってもらえるプレゼントを15選ご紹介します。