”藍染体験”をプレゼントする前に、自分で体験してきました‼

”藍染体験”をプレゼントする前に、自分で体験してきました‼

「小祝麻里亜の体験してきました‼〜体験ギフトを体験する旅〜」連載第一回目。モデルでライターでもある小祝麻里亜さんが、体験ギフトを贈りたい人を想像しながら、実際に一度自分で体験する!という企画がスタート。今回は「武州中島紺屋」さんで、藍染めに挑戦してきました。


おじいちゃん・おばあちゃんに
「藍染体験」をプレゼントしたい

おじいちゃんやおばあちゃんへの贈り物っていつも同じような“モノ”になりがちですよね。

そこで思ったのが「話題の体験ギフトって、お年寄りへもプレゼントできるのかな…?」ということ。

色々な体験ギフトをチェックしてみると、おじいちゃんやおばあちゃんでも挑戦しやすそうな『藍染め体験』のギフトを見つけました。

体を激しく動かす必要はなく、手軽にものづくりが楽しめるなら「年配の方へのプレゼントにもぴったりかも」と思ったのです。

ただ、体験ギフト自体だれかにプレゼントするのは初めて!ということで、まずは自分で体験してみることにしました。

プレゼントする前に体験ギフトを実際に体験!
「武州中島紺屋」さんで藍染めに挑戦してきました

今回お邪魔したのは、埼玉県羽生市にある「武州中島紺屋」さん。

こちらで、藍染め作品が作れる“体験ギフト”を実際に体験してきました‼

「ストール」や「ハンカチ」、「Tシャツ」や「バンダナ」
どのアイテムを染めようか迷っちゃう!

まずは工房に入り、どのアイテムを染めるかを決めていきます。

ユニセックスのTシャツ、麻のストール、絹のストール、そしてハンカチや手拭いなど様々な種類から選ぶことができます♪

その中で今回は、通年使えそうで様々なコーディネートに合わせやすいTシャツと、絹のストールに決めました。

天然素材のものなら、どれも綺麗に染まるそうです!

次にどんなデザインにするかを作例から選びます。

たくさんのデザインの中から気になるものを見つけ、難しいかな?でもこのデザインが気になる!と迷いに迷い…先ほど選んだTシャツは、グラデーションのデザインを。

そして絹のストールは、ムラ染めに決定しました♡

さっそくTシャツから製作に取り掛かります。グラデーションの幅を自分で決め、鉛筆で目印をつけました!

続いて、染めたくない部分をビニール袋で覆い、ゴムで留めていきます。次に中間色に染める部分も同じように袋で覆い、ゴムで止めました♪

これでTシャツの下準備は完了。手軽にできて、気負いせず楽しめそうです!

絹のストールはもっと簡単! 水に濡らし、手でかき集めていくように、しわくちゃにします。そしてそれをカゴとカゴの間に挟み、紐で縛りました^^

アイテムを水でぬらして
いざ!藍染め液へ投入

このカゴに入ったストールと、ゴムで縛ったTシャツを持って部屋を移動し、染めに行きます♪

作業場に入るとさっそく蒅が発酵した、藍染ならではの香りが漂っていました!どきどきします!

まずはTシャツを持って藍の原液に浸すと…冷たくて気持ち良い〜!ヒーリング効果もあるのかな?と思ってしまうほど、癒されました^^

爪も染まってしまうので、きちんと手袋をして、スタッフさんに「もう良いですよ」と言われるまで、原液にTシャツを浸しながら生地を揉んでいきます。

そして待つこと数分後、Tシャツを引き上げてみるとなんと「緑色」。あれ?でもどんどん「藍色」に変わってる!

お話をお伺いすると、空気に触れることで藍色に変わるのだそう。このままもっと濃く染めるため、さらに濃い染料の原液にTシャツを再び浸し、揉んでいきます。

そして包んでいたビニール袋を外し、今度はグラデーションの中間色を染めていきます。こちらは1度だけ染料に浸し、浸す時間も先ほどより短く!

浸す時間や染料の濃度で、同じ藍色でも色の違いが出てくるんですね〜♪

最後にもう1つのビニール袋を外すと、白く染まっていない状態で登場!これで濃い藍色、薄い藍色、白の3色グラデーションが出来上がりました。

※写真は仕上げに水で洗いでいるところ

そしてもう1つの絹のストールはもっと簡単であっという間でした!

カゴごと染料の原液に沈め、数分待ちます。

そして引き上げて、カゴから出し、広げてみると…

「わぁ!!綺麗にムラになって染め上がっている〜♪ 」と、思わず笑顔が溢れちゃいました^^

最後は水と酢水につけます。これで藍染の色落ちが軽減されるのだそう!

再び水ですすいだら、脱水にかけてもらい、これで完成です♡

「藍染め体験」は
年齢問わずプレゼントしやすいギフト!

最初はおじいちゃんやおばあちゃんへの贈り物に…!と思っていましたが、実際にこのギフトを体験してみると、年齢問わずプレゼントしやすいなぁと感じました。

体験の手軽さももちろんですが、藍染のアイテム自体も飽きのこないデザインで、年齢や性別問わず、ずっと使い続けられそうだからです。

藍染め作品づくりは、友達同士でも、カップルでも、会話を楽しみながら体験できるので、普段“ものづくり”をやったことがない方へのギフトにもおすすめ♪

個人的には「祖父母や両親が、普段気軽に体験できるものってなかなか無いんじゃないかな?この体験ギフトなら楽しんでもらえそう」と思ったので、思い出づくりに家族にプレゼントしたいと思いました!

体験ギフトの詳細は『SOW EXPERIENCE』をチェック

関連するキーワード


体験ギフトを体験する旅

最新の投稿


うまく伝えきれない[感謝やごめんね]には、気持ちのこもった手土産を添えて

うまく伝えきれない[感謝やごめんね]には、気持ちのこもった手土産を添えて

株式会社RECEPTIONIST代表取締役CEOを務める橋本真里子さんに、おもてなし術を学ぶ本連載。これまで、上場企業5社以上で受付をご経験された橋本さん。1日平均500人、月間10,000人、延べ120万人もの接客経験を通して確立した独自のノウハウを活かし、2017年にディライテッド株式会社を設立し、翌年にクラウド受付システム”RECEPTIONIST(レセプショニスト)”をリリース。圧倒的なコミュニケーション力と接遇力を身につけていらっしゃる橋本さんに、今回は、感謝や謝意を伝えるシーンで"うまく言葉にできないあなたの気持ち"を後押ししてくれる、そんな魅力的なギフトをお伺いしました。


ベルギー王室御用達!老舗のしっとりマドレーヌ。ヴィタメール「ロイヤル・マドレーヌ」

ベルギー王室御用達!老舗のしっとりマドレーヌ。ヴィタメール「ロイヤル・マドレーヌ」

今回は、おすすめ手土産にぴったりのヴィタメール「ロイヤル・マドレーヌ」についてのレビューをご紹介します!


星座の石鹸で“美人磨き”! キュウ 「コズミックキューブ」

星座の石鹸で“美人磨き”! キュウ 「コズミックキューブ」

こんにちは。皆さんに旬のギフト情報をいち早くお伝えするギフト総研です。今回は、キュウ 「コズミックキューブ」をご紹介します!


出産祝いの金額・相場とは?マナーを押さえた予算別プレゼント12選

出産祝いの金額・相場とは?マナーを押さえた予算別プレゼント12選

「出産祝いの金額はいくらが相場?」「この金額は安すぎる?高すぎる?」…いざ出産祝いを贈るとなると、こんな風に悩む人が多いのではないでしょうか。こちらの記事では友人知人に贈る出産祝い、そして両親・兄弟・従兄弟など親戚から贈る出産祝いについてご解説。迷いがちな出産祝いの予算と関係性別のマナーを掲載しました。職場などで連盟で贈る出産祝いの選び方も取り上げています。お祝い金の包み方や祝儀袋の書き方、金額別のおすすめプレゼントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


母の日プレゼントランキング2020|母の本音を調査!花と花以外のギフト28選

母の日プレゼントランキング2020|母の本音を調査!花と花以外のギフト28選

2020年新情報をもとに母の日プレゼントランキングを公開中!今年の母の日は何をギフトに贈しますか?王道のカーネーションか、それとも花以外のアイテムでしょうか。MEMOCOが女性100人に聞いた調査結果と、おすすめのプレゼントをご紹介します。花ギフトや2020年のトレンドアイテムなどなど。50代60代以降の「アラ還世代」のお母さんが喜ぶ品。そしてお母さんになったばかりの30代40代の奥さんに贈るプレゼントをまとめました。もちろんお祖母ちゃん向けのプレゼントもありますよ。番外編では編集部員が購入したプチプライスな母の日ギフトを掲載。調査結果から分かった女性たちの”本音の声”にも注目です。盛りだくさんの内容、ぜひチェックしてみてください。