お礼の「メールの基本的なマナーと注意点」とは?

お礼の「メールの基本的なマナーと注意点」とは?

お礼をメールで伝えたい時、どんなことに注意して送れば良いのでしょうか。件名や宛名などの細かいところからポイントを押さえておきましょう!使える文例もご紹介しますよ♪ぜひ参考にしてくださいね!


押さえておきたい!お礼のメールを書く時のマナーとは!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ビジネスシーンでもプライベートでも、お礼をメールで伝える場面があると思います。顔を合わせずに伝えるからこそ、細心の注意を払う必要があります。ここでは、お礼メールを送る際のポイントやマナー、注意点など詳しくご説明していきます。具体的な文例もご紹介しますので、参考にしてください。

お礼のメールを書く時に心がけたいポイントとは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずは、お礼のメールを書く時に心がけて欲しいポイントを紹介します。相手にこちらの感謝の気持ちが伝わるよう、書き方やメールを出すタイミングまで、お礼メールついてのコツを押さえておきましょう。

相手の心遣いに感謝する

お礼がメインとなるメールですので、まずはとにかく相手の心遣いに感謝している旨を記しましょう。「お優しい心遣い」「身に余るお心遣い」「温かいお心配り」といったフレーズを使い、「ありがとうございます」や「感謝しております」などと続けてお礼の言葉を書いていきます。

具体的な感想を書く

次に、自分がどう感じたのかの感想を書きます。お礼を伝えたい出来事や相手に対して思ったことを、できるだけ詳しく書いてください!具体的に書いた方が、相手もその時の場面を鮮明に思い出すことができますし、どれだけ助かったかということが伝わりやすくなりますよ♪

結びのフレーズで一工夫

お礼メールの最後には、必ず締めの文言を入れて終わるようにしましょう。締めのフレーズがないと中途半端な終わり方になってしまいます。今後の鞭撻を願ったり相手の健康を祈ったりなど、締めに一工夫するだけで、あなたのメールをグッと印象付けることができます。乱筆を詫びたり、季節に合った挨拶できれいに終わるのも良いですね♪

お礼のメールを出すタイミング

最後にお礼のメールを出すタイミングですが、遅くなりすぎてはいけません。まだその出来事が新鮮なうちにお礼メールを送るようにしましょう。理想は当日中、遅くても翌日までには出したいですね。メールのメリットは、手紙と違いすぐさま相手に届くところです。その長所を生かして、すぐにお礼を伝えるようにしてください。

役に立つケース別の「お礼のメール」の文例とは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

具体的に例を挙げて、お礼のメールをご紹介していきます。文章の構成や口調、挨拶の言葉や終わり方など、相手が読んでいて気持ちの良いメールを心がけましょう。お互い表情が見えませんが、感謝する気持ちが文面から伝わるようなメールを作りたいですね。

贈答品を受け取った時のお礼のメールの場合

【文例】

このたびは結構なお品をいただきまして、誠にありがとうございます。
〇〇様のお心遣いに深く感謝いたします。
課員一同でおいしくいただきました。

暑い日が続きますので、お体には十分にお気をつけくださいませ。
取り急ぎ、お礼まで申し上げます。

面会していただいたお礼のメールの場合

【文例】

本日は私どものために貴重なお時間を割いていただき、誠にありがとうございました。
お忙しい中、貴重なご意見賜り、深く感謝しております。
大変参考になることばかりでした。

今後ともご指導くださいますよう、宜しくお願いいたします。
メールにて恐縮ですが、取り急ぎ、お礼申し上げます。

会食の後のお礼のメールの場合

【文例】

本日はお食事の席を設けていただき、誠にありがとうございました。
大変楽しい時間を過ごせまして、心から感謝しております。

貴重なお話を聞けるばかりか、すっかりごちそうになってしまい恐縮でございます。
またの機会にはお返しさせていただきたく存じます。本当にごちそう様でした。

今後ともよろしくお願い申し上げます。 

お礼のメールの文例が豊富なサイトはココ!

知っておきたい!メールの書き方の基本とは?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

お礼や依頼などといった内容に限らず、基本的なメールの書き方についてポイントをおさえておきましょう。どんなシーンでもどんな相手にでも応用できることですので、こちらを知っていればきっと役に立つと思います!身に付けておいて損はないですよ♪

メールの文章の基本的な流れとは?

メールの基本的な流れは、
①宛名
②挨拶と名乗り
③主旨の要約
④本題
⑤締めの挨拶
⑥署名
となります。 宛名で始まって署名で終わるという、基本的なパターンをしっかり守ることが、好感を持たれる大人のメールマナーなのです。

注意したい!宛先・CC・BCCの意味とその使い分け!

最新の投稿


熊本で食べたいご当地グルメ15選!

熊本で食べたいご当地グルメ15選!

熊本はご当地キャラクターくまモンで有名ですが、それ以上においしい特産物やグルメの多い土地として有名です。お土産に大人気のご当地グルメもあり、どれにしようか迷ってしまうほど。はずれのない熊本ご当地グルメをご紹介します。


ホワイトデーにスイーツを贈ろう!義理から本命までおすすめチェック

ホワイトデーにスイーツを贈ろう!義理から本命までおすすめチェック

バレンタインデーにチョコをくれた相手に、すてきなお返しをしませんか?本命・義理と、それぞれのおすすめのホワイトデースイーツをご紹介します。手作りしたいという人のためにとっておきのレシピもご紹介♪


結婚祝いのメッセージは「形」に残る贈り物♪ マナーやポイントを紹介!

結婚祝いのメッセージは「形」に残る贈り物♪ マナーやポイントを紹介!

結婚祝いのメッセージをどのように書いたらいいのか悩んでいませんか?ポイントさえ押さえておけば、結婚祝いのメッセージは意外と書きやすいものなのです!


結納返しは結納を行う上での大切な儀式♪ その意味とマナーを紹介!

結納返しは結納を行う上での大切な儀式♪ その意味とマナーを紹介!

結納のお返しとして新婦側が行う「結納返し」。マナーや意味はご存知ですか?結納を行う場合は、結納返しについても、きちんと準備しておく必要があります。地域や家によって、考え方やしきたりが異なるため、両家での調整は欠かせません!今回は結納返しについて、あらかじめ知っておきたい正式マナーや最近のトレンドをご紹介します。


結婚式の挨拶は大切な役割♪ 代表的な挨拶とそのポイントを紹介します!

結婚式の挨拶は大切な役割♪ 代表的な挨拶とそのポイントを紹介します!

新郎新婦にとってはもちろん、その親族や出席者にとっても特別な時間となる結婚式。結婚式といえば「挨拶」がつきものですね。結婚式の挨拶にまつわる事情を理解し、失礼のない振る舞いを心得ておきましょう!


最近話題のキーワード

MEMOCOで話題のキーワード


記念日 お土産 誕生日