引き出物選びに迷ったら「カタログギフト」を!メリットと人気の理由は?

結婚式の引き出物、最近では「カタログギフト」が大人気のようですね。迷った時には「カタログギフト」をおすすめ!...でもその前に、なぜ人気なのか、メリットとデメリットもきちんと理解しておきましょう。今回はゲストが引き出物を選ぶ「カタログギフト」を詳しくご紹介します。


引き出物で大人気の「カタログギフト」

結婚式の引き出物、昔は大きくて丈夫な紙袋に、新郎新婦が選んだ食器などの記念品が入れられていました。しかし最近では「カタログギフト」が大人気!

引き出物を大きく見せようとする価値観がなくなってきたのも時代の流れでしょうか?また、新郎新婦が選んでくれた記念品のサプライズもいいですが、少しでも自分が欲しいものを選びたい...という風潮は上昇しているようです。

では、もう少し詳しく「カタログギフト」についてご紹介しますね。

引き出物とは?

そもそも「引き出物」とはなんでしょうか?食器などの記念品の代わりに「カタログギフト」が大人気...と言われてはいるものの、まず先に「引き出物」自体の意味を理解しておきましょう♪

ゲストからのお祝いに対する「お返し」の品

引き出物とは、結婚式にゲストから頂戴するご祝儀に対してお返しする“お礼の品”のことです。地域によって、その数や金額などには差がありますが、新郎新婦がゲストへ感謝の意を込めて選んだ記念品として贈られます。

通常は、披露宴の席に置かれており、持ち帰ります。

引き出物の文化は「平安時代」から存在していた!

引き出物という名前の由来は諸説がありますが、引き出物の文化は平安時代中期頃から存在していたようです。その一説として、宴が終わると馬を“引き出して”きて客へのお土産に贈ったとか。

時代が変わって実用的な記念品や菓子などが贈られるようになりましたが、平安時代は馬をもらっても困らなかったのですね。

引き出物の金額の相場は披露宴の飲食費の3分の1

引き出物を選ぶ際に迷うのが金額。相場は披露宴での飲食費の3分の1と言われています。例えば、一人当たりの飲食が20,000円の場合、6,000円〜7,000円くらい。全国では6,500円が平均というデータもあります。

これには引き菓子、そしてお赤飯やかつお節などの縁起物(※つける場合)も含みますので、メインの引き出物の相場は3,000円〜5,000円になります。

「カタログギフト」とはどんなもの?選び方もご紹介

では、人気の「カタログギフト」とはどのようなものか、どのように選んだら良いのかを見てみましょう。カタログの中にはいろいろなギフトがありますが、その前にカタログ自体にもいろいろ種類があるのです♪

“選ぶ楽しみ”もプレゼントできる「カタログギフト」

「カタログギフト」とは、メインの引き出物について、従来食器などの記念品を新郎新婦が選んで用意していたものに代わり、ゲストがカタログの中から欲しいものを選ぶギフトのことを言います。

カタログには食器やバス用品、アクセサリー、雑貨、そして時には産直の食品まで、いろいろなアイテムが美しい写真とともに掲載されています。ゲストはそのカタログを持ち帰り、後日その中から欲しいものをゆっくり選んで注文するのです。

「カタログギフト」が広まったのは1980年代後半

従来、引き出物は大きくて重いものが縁起が良いとされていました。幸せをいっぱいもらって帰るという意味からでしょうか...。また、豪華に見せたいという価値観もあったかもしれません。

しかし、結婚式は遠方から来てくださる方も多く、着替えなどの荷物もたくさん!さらに年配客も多かったりするものです。大きくて重いものは持ち運びが大変であり、また大きいものよりもコンパクトな方が都会的で洗練されているイメージも上昇してきました。

そして欲しいものを選びたいという現代の傾向もあり、1980年代後半から「カタログギフト」が広まったと言われています。

「カタログギフト」の値段はゲストにより調整を♪

「カタログギフト」にはいろいろな値段があります。包装されていると見た目は同じですので、ゲストによって金額の調整をすることが容易にできます。

例えば、ご祝儀が多いことが予想される親族や上司などには、友人よりも高額なカタログをご用意すれば、よりプレミアムなギフトをお選びいただけます。

ゲストの年齢や性別によって“カタログの贈り分け”を!

「カタログギフト」は、価格だけではなく種類もいろいろあります。いわゆる贈答品に適した食器類やタオル、雑貨などのギフトが揃っているものが定番ですが、若い女性に人気の海外ブランド品に特化したもの、男性向け、家族で使いたくなるものが集められていたり...など多種多様です。

せっかくゲストに選んで頂くならば、欲しいものばかり掲載されているカタログを贈りたいですよね。最近では、ゲストの年齢・性別によって数通りのカタログを選び、“贈り分け”をすることが多くなっています。

「カタログギフト」の人気の理由&メリットにせまる!

ゲストに好きなものを選んで頂く「カタログギフト」についてご説明しましたが、大人気の理由を見てみましょう。そのメリットをよく理解すれば、人気なのも納得です♪

ゲストが自分の好きな物を選べるのが人気の理由

人気の理由は何と言っても好きなものを選べるからです!使わないものを持たず、必要なものは揃えてスッキリと暮らしたい人も増えています。

新郎新婦が選んでくれたものも嬉しいですが、やはりそれ以上にせっかくならば少しでも自分好みのものが欲しい...という最近の風潮。「カタログギフト」が知られて来た頃は、ドライな印象を持つ方も多かったかもしれませんが、今ではすっかりこのシステムは広まり、ゲストからも喜ばれているのが事実です。

趣味に合わない物や不要な物を貰うことが無い

昔よりも、個々の好みや趣味の個性を持ち物まではっきりと出す人が増えて来ました。また、高価なものでも、流行っているブランドでも、自分好みでなければ進んで使わない人が多くなりました。

お祝い事だけに、使わないからと言ってもそう簡単には人にあげたり処分するわけにもいかず、予想外の収納スペースも必要....そんな悩みも「カタログギフト」ならばありません♪

ギフトの種類が豊富で見ていて飽きない♪

1冊のカタログの中には、たくさんのギフトが掲載されています。写真も綺麗で通販カタログ同様スペックもとても丁寧に書かれ、見ていて飽きない素敵なカタログばかりです。この中から好きなものを選べるなんて、ワクワクします♪

当日持ち帰る荷物が格段に減る

前の項でもお伝えしましたが、結婚式は遠方から来られる方も多く、着替えなどでもともと荷物はいっぱい。親族の方々は年配者も多いことでしょう。

そんな時に重くて大きな箱は、持ち帰りが大変なのは事実です。特に食器類は割れ物になりますので丁寧に扱わないといけません。

「カタログギフト」にすれば、薄い箱に1冊入って包装されているだけですので、持ち帰りははるかにラクです。

家族と相談しながら決められる

メインの引き出物に添える引き菓子は、ゲストが家に帰り、ご家族とそのお菓子を召し上がりながら、式の様子などをお話しする...というご家族へのお土産でもあります。

その場で、さらに「カタログギフト」を出してみんなで相談しながら引き出物を決める...とても楽しそうな光景で、そのようにしてもらえたらとっても嬉しいですね。

ホスト側の商品選びの手間が省ける

ゲストのみんなに喜んんでいただける引き出物を、予算内で選ぶのは本当に難しいです。数パターンに分けたとしても、選ぶアイテム数が増えてさらに手間は増えます。

しかし、「カタログギフト」ならその手間は不要。カタログの金額と種類を数パターン選べばOKです!

知っておきたい!「カタログギフト」のデメリット

いいことづくしのように見える「カタログギフト」ですが、少しはデメリットもありますので、それらもきちんと理解しておきましょう。

ホスト側の個性があまり感じられない

新郎新婦が選んだ引き出物と比較すると、個性が感じられないと取られるのはやむを得ません。自分たちで探したお店の食器や雑貨、ラッピングまでオリジナルだったり、ゲストに合わせてこだわりの品を選ぶ新郎新婦もいますから、それは仕方がないです。

それをフォローするために、引き出物やプチギフトなどゲストにお持ち帰りいただくものの中で、どこかに個性を出すのもいいですね。

申し込みはがきには「期限」がある

「カタログギフト」を注文したことがある方はご存知かと思いますが、ギフトを選んで申し込みをするには期限があります。...といっても数ヶ月はありますし、締め切り間近になっても申し込みがないゲストのリストを新郎新婦に送ってくれることでしょう(※カタログによります)。

しかし、ちょっと催促もしにくいですし、締め切りを過ぎてしまった場合には何か1点を選んで送ることになります。みなさん、喜んですぐに申し込みハガキを出してくれればいいのですが...

年配の方の場合、システムが理解できない場合がある

これは忘れずに配慮しなくてはいけないケースです。年配の方は親族や現役を引退された上司や恩師などが想定されますが、もしもカタログギフト自体が初めての場合には、引き出物はここから好きなものを選ぶ...ということが分からないかもしれません。

小さい文字の説明を読むのもストレスになってしまっては大変失礼なことです。ゲストの中の、年配者のご家族などもよく分からなければ、個別に説明の手紙を添えたり、もしくは最初からカタログではなく記念品にしてしまうなどの配慮も必要です。モノも気持ちも、どちらもきちんと届かないと意味はありません。

誰の結婚式でもらったのか覚えにくい

これを求める気持ちは、時代とともにやや薄れている気もします。確かに参列したその日に引き出物を手にすれば、印象が結びついて記憶に残りやすいでしょう。しかし、特に度々結婚式に参列する機会がある人は、数件重なって注文したり、忘れた頃に届いたりしますので、もはや誰のかはあまり意識しなくなってしまうかもしれません。

それでも、“ゲストの皆さんに欲しいものを選んでもらいたい”という想いがあり、ゲストもそれを喜んでいるので、結果大人気になっているのですね。

カタログギフトは引き出物選びの強い味方♪

引き出物の「カタログギフト」についてご紹介しましたが、その特徴はお分かりいただけましたか?ゲストが重くて大きな引き出物を持ち帰る必要がなく、自分の欲しいものが選べる「カタログギフト」は今や大人気です。

メリット、デメリットを新郎新婦二人がきちんと理解してから、手配するようにしましょう。ゲストの皆さんには、是非ワクワクしながらお好きなギフトを選んで欲しいですね♡

関連する投稿


社長へ贈る誕生日おすすめプレゼント!センス抜群、心から喜んでもらえるオシャレな15選

社長へ贈る誕生日おすすめプレゼント!センス抜群、心から喜んでもらえるオシャレな15選

お世話になっている社長や上司の誕生日や記念日。プレゼントを用意したいけれど一体何を選んだら喜んでもらえるのか…。と悩んでいる方へMEMOCOが厳選したギフト、センスが良くて本当に気に入って使ってもらえるプレゼントをご紹介します。社長と言っても、男性女性、そして今は学生で起業する方もいる時代。年配の方とは限りませんね。30代、40代、50代…どの年代の方でもOK。性別、年齢問わず喜んで頂ける商品も多数ピックアップしました。責任のある立場、忙しく、心身ともにお疲れの方にピッタリな癒しのアイテムも思いやりのあるプレゼントになりますよ。何でも持っている社長達へ贈る最高の誕生日プレゼント選びをお手伝いします。


先生へのプレゼント!感謝が伝わる卒園・卒業の人気ギフトおすすめ24選

先生へのプレゼント!感謝が伝わる卒園・卒業の人気ギフトおすすめ24選

春の訪れとともに近づく卒園、卒業シーズン。お世話になった先生へ感謝を込めてプレゼントを贈りたい、と考えている方も多いことでしょう。優しく、時には厳しく指導してくださった先生との思い出は特別なもの。特に今は、感染症の対策で、先生の負担はどんどん増えています。日々、状況によって部活ができなくなったり、修学旅行が中止になったりと、ご苦労は計り知れません。そんな先生とのお別れに、生徒みんなで心をこめて贈るギフト。先生にきっと喜んでいただけるアイディアや人気アイテムを厳選しました。[幼稚園][小学校][中学校・高校][大学]4つのシーンに分けてご紹介します。


留学する人へプレゼント!海外在住者が教えるおすすめアイテム20選

留学する人へプレゼント!海外在住者が教えるおすすめアイテム20選

友達や後輩、親族など海外に留学が決まれば、しばらく会えなくなりますね。応援する気持ちと一緒に何か餞別に贈りたいけれど、プレゼント選びに迷っている人もいるでしょう。留学する人が喜ぶプレゼントは、海外在住経験がある人のほうが分かりやすいもの。海外在住歴10年以上の日本人がこれまでの経験をもとに、留学する人に喜ばれるプレゼントをご紹介します。


200円前後で買うお菓子のプチギフト!おしゃれでおいしい16選

200円前後で買うお菓子のプチギフト!おしゃれでおいしい16選

たった200円前後で買えるおしゃれなお菓子のプチギフトをご紹介します。「バレンタイン・ホワイトデーのために、大勢の仲間へささやかなプレゼントを贈りたい」。「お世話になっている方へ、ちょっとしたお礼や手土産を贈りたい」。本記事はそんな時にぴったりのお菓子をピックアップ。低予算でもおしゃれで美味しく、喜ばれるアイテムを厳選しました。ぜひ参考にしてみてくださいね!


キャンプ好きに贈るプレゼント!おしゃれで機能的なアウトドア用品24選

キャンプ好きに贈るプレゼント!おしゃれで機能的なアウトドア用品24選

グランピングやソロキャン・ゆるキャンなど、ここ数年キャンプ人気が高まっています。特にコロナ禍でライフスタイルが変化してからは、ますます人気が集中。庭やベランダで気軽に楽しめるベランピングや、屋内にテントを設置するおうちキャンプなど、様々な楽しみ方が広がっていますよね。そこで今回は、キャンプ好きのあの人へのプレゼントにぴったりな商品をご紹介。アウトドアグッズというと、テントやコンロなど高価な商品が多いイメージですが、ご心配には及びません。こちらでは日常使いもできる身近なアウトドアグッズや人気ブランドの定番品など、キャンプ初心者の方でも選びやすいアイテムを厳選してご紹介。贈る相手に喜んでもらえるポイントや、キャンプ用品選びのコツも伝授し


最新の投稿


本命に贈るホワイトデーのお返しはコレ!形に残る品&消耗品ギフト21選

本命に贈るホワイトデーのお返しはコレ!形に残る品&消耗品ギフト21選

本命チョコをもらったら、ホワイトデーはその想いに対して精一杯のお返しをしたいもの。とはいえ、高価なものやブランド品を選ばなければいけない...ということではなく、大切なのはどれだけそのギフトに気持ちを込められるか、ということです。そこでもうすぐやってくるホワイトデーで「お返しは何がいいかな...」「プレゼントに思いを込めたいな」など頭を悩ませている男性に、おすすめのギフトをご紹介。お付き合い中の彼女や、お返しを待つ女性の気持ちに応えられるギフト選びを、お手伝いさせて下さいね。


おしゃれなペアマグカップ|プレゼントにも最適なおすすめ17選

おしゃれなペアマグカップ|プレゼントにも最適なおすすめ17選

おしゃれなペアマグカップが欲しい!そんなあなたのために、おすすめ商品をご紹介。大切な人とお揃いで使うペマグカップは、デザインや使い勝手にこだわって選びたいですよね。幅広いペアマグカップを網羅した本記事を読めば、あなたにぴったりのアイテムが見つかりますよ。結婚祝い、結婚記念日など、カップルのプレゼントに最適な商品も掲載。ギフト選びにもきっと役立ちます。ぜひ最後までチェックしてみてください。


ホワイトデーに会社で喜ばれるお返し!センスの良さと心遣いが光る19選

ホワイトデーに会社で喜ばれるお返し!センスの良さと心遣いが光る19選

まもなく迎えるホワイトデー。会社の同僚や上司、先輩や後輩の女性社員へ贈るお返しはお決まりですか?バレンタインデーの義理チョコ返しでも、やはりセンスの良いアイテムを選びたいですよね。そこで今回は、日頃の感謝の気持ちが伝わり、相手に好印象を残せるおしゃれなホワイトデーのお返しを予算別にご紹介。高級ブランドの上質な逸品や特別感のあるプチギフト、大人数向けの個包装タイプなど幅広く網羅しました。お菓子以外の褒められギフトもリストアップしています。「職場向けのお返しを、いつもなんとなく選びがち」という男性は、ぜひ参考にしてください。


ホワイトデーのお返しチョコ!本命&義理に贈るおすすめ23選【2023年最新版】

ホワイトデーのお返しチョコ!本命&義理に贈るおすすめ23選【2023年最新版】

バレンタインデーのお返しはもう決まりましたか?クッキーやキャンディ、マシュマロなど様々なスイーツがありますが、チョコレートのお返しはやっぱり嬉しいものです。そこで今回は、女性が喜ぶチョコレートギフトをシーン別にご紹介。彼女や妻への本命チョコや有名ブランドはもちろん、会社の女性社員に贈る義理チョコも幅広く網羅しています。ホワイトデーのお返しチョコの平均相場や喜ばれるポイントについても解説しています。見た目も味も抜群の最新チョコギフトで、ホワイトデーにありがとうの気持ちをスマートに届けましょう。


男性にちょっとしたプレゼントを贈ろう!1,000円前後の贈り物15選

男性にちょっとしたプレゼントを贈ろう!1,000円前後の贈り物15選

男性からプレゼントをもらった時のお返しや、職場の送別会など、気の利いたおしゃれなプレゼントを贈ると喜ばれますね!あまり高価なものではなく1,000円前後の贈り物がベスト。そこで、今回はさまざまなジャンルのおすすめプレゼントを選んでみました!相手に喜ばれて、気兼ねなく受け取ってもらえるプレゼントを15選ご紹介します。